BookLive「ブックライブ」の罪の声無料試し読みコーナー


京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われたテープとまったく同じものだった。週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】第1位!
続きはコチラ



罪の声無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


罪の声「公式」はコチラから



罪の声


>>>罪の声の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)罪の声の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は罪の声を取り揃えています。罪の声BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると罪の声は1458円で購入することができて、罪の声を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで罪の声を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)罪の声を勧める理由


BookLive「罪の声」を楽しむなら、やっぱりスマホじゃないでしょうか?PCは重くて持ち運ぶことができませんし、タブレットも電車の中などで閲覧するというような時には、大きすぎて迷惑になると言えるからです。
読んでみた後で「想定よりもありふれた内容だった」と嘆いても、読んでしまった書籍は返品できません。けれども電子書籍なら試し読みが可能なので、それらを防ぐことができるというわけです。
一般的に書籍は返せないので、中身をある程度分かった上で購入を決断したい人にとって、試し読みが可能な無料電子書籍は大変お得です。漫画も中身を読んでから買えるわけです。
老眼で目の前の文字が見づらくなってしまったという読書が好きな高齢者には、スマホで電子書籍を読むことができるというのは意義深いことなのです。フォントの大きさを自分用に調節できるからです。
漫画雑誌と言えば、「10代を対象にしたもの」というふうにイメージしているかもしれません。でも近年のBookLive「罪の声」には、お母さん・お父さん世代が「青春を思いだす」と言ってもらえるような作品も山ほどあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ