BookLive「ブックライブ」の泪壺無料試し読みコーナー


「わたしを壺にして、側においといて」。癌に冒されて逝った最愛の妻を骨灰磁器(ボーンチャイナ)として遺した男。一周忌を過ぎ、男の前に現れた女性は、その壺に戸惑いを隠せない。表題作のほか、会社の上司との愛と別れを描く『マリッジリング』、手の移植手術から過去の女を振りかえる『握る手』など愛と性を抉(えぐ)る珠玉の短篇集。
続きはコチラ



泪壺無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


泪壺「公式」はコチラから



泪壺


>>>泪壺の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)泪壺の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は泪壺を取り揃えています。泪壺BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると泪壺は452円で購入することができて、泪壺を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで泪壺を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)泪壺を勧める理由


さくさくとアクセスして読み進められるというのが、無料電子書籍の利点です。店頭まで足を運ぶ必要も、通信販売で購入した書籍を宅配便などで送ってもらう必要も全然ないわけです。
本や漫画の購入代金は、1冊ずつの単価で見れば安いですが、何冊も購入すれば毎月の利用料金は嵩むことになってしまいます。読み放題だったら月額料が決まっているので、支払を抑えることが可能です。
購入について悩んでいる作品があるときには、BookLive「泪壺」のサイトで誰でも無料の試し読みを行うべきではないでしょうか?チョイ読みしてもう読みたくないと思ったら、決済しなければ良いわけです。
「すべての漫画が読み放題であれば、どんなに素晴らしいだろう」というユーザーのニーズを踏まえて、「月額料を納めれば毎回の支払いは不要」というプランの電子書籍が考えられたのです。
非常に多くの人が無料アニメ動画を見ているようです。暇な時間とか移動途中の時間などに、手間要らずでスマホで楽しむことができるというのは、とても便利だと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ