BookLive「ブックライブ」の「私小説」を読む無料試し読みコーナー


志賀直哉、藤枝静男、安岡章太郎を貫く「私小説」の系譜。だが、著者はここで日本文学の一分野を改めて顕揚したり、再定義を下したりはしない。本書は、我々が無意識・無前提に受け入れている「読みの不自由さ」から離れ、ひたすら、いまここにある言葉を読むこと、「作品」の表層にある言葉の群との戯れを通じ、一瞬ごとの現在を生きようとする試みなのである。「読むこと」の深見と凄みを示す、文芸批評の名著。
続きはコチラ



「私小説」を読む無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


「私小説」を読む「公式」はコチラから



「私小説」を読む


>>>「私小説」を読むの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「私小説」を読むの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は「私小説」を読むを取り揃えています。「私小説」を読むBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると「私小説」を読むは1404円で購入することができて、「私小説」を読むを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで「私小説」を読むを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)「私小説」を読むを勧める理由


数多くの人が無料アニメ動画を利用しているようです。暇な時間とかバスで移動中の時間などに、容易にスマホで見ることができるというのは嬉しいですね。
「電子書籍が好きになれない」という本好きな方も多くいますが、1回でもスマホにて電子書籍を読んでみたら、その気軽さや支払いの簡単さからどっぷりハマるという人が多いのだそうです。
本の購入代金というものは、1冊毎の額で見れば安いですが、何十冊も買えば1ヶ月の合計金額は膨らんでしまいます。読み放題なら月額の利用料金が定額なので、支出を節約できます。
コミックと言えば、「少年少女向けに描かれたもの」という印象を持っているかもしれないですね。しかし最近のBookLive「「私小説」を読む」には、中高年層の人が「若かりし日を思いだす」と言うような作品も複数あります。
老眼が進んで、目から近いところが見づらくなってしまったという活字中毒症の高齢者にとって、スマホ上で電子書籍が読めるというのはすごいことなのです。フォントサイズを読みやすいように調節できるからです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ