BookLive「ブックライブ」の小説の神様無料試し読みコーナー


僕は小説の主人公になり得ない人間だ。学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……。物語を紡ぐ意味を見失った僕の前に現れた、同い年の人気作家・小余綾詩凪。二人で小説を合作するうち、僕は彼女の秘密に気がつく。彼女の言う小説の神様とは? そして合作の行方は? 書くことでしか進めない、不器用な僕たちの先の見えない青春!
続きはコチラ



小説の神様無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


小説の神様「公式」はコチラから



小説の神様


>>>小説の神様の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)小説の神様の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は小説の神様を取り揃えています。小説の神様BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると小説の神様は842円で購入することができて、小説の神様を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで小説の神様を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)小説の神様を勧める理由


漫画と言えば、若者の物というふうに思い込んでいるかもしれないですね。ところが昨今のBookLive「小説の神様」には、サラリーマン世代が「若いころを思い出す」と言うような作品も山のようにあります。
前もってあらすじを確認することが可能だったら、読んでから悔やまずに済むのです。普通の書店で立ち読みをするときのように、BookLive「小説の神様」においても試し読みができるので、どんな漫画か確認できます。
「家の中に保管しておけない」、「所有していることをヒミツにしておきたい」と感じるような漫画でも、BookLive「小説の神様」を巧みに利用すれば自分以外の人に知られずに閲覧できます。
コミックというのは、読み終わったのちにブックオフのような買取店に売り払っても、買い取り金額は知れたものですし、再読したい時にスグに読めません。無料コミックを上手に活用すれば、本棚が必要ないので片付けに頭を悩ますことがありません。
「小さな画面では楽しめないのでは?」と心配する人がいるのも承知していますが、その様な人もBookLive「小説の神様」をDLしスマホで読んでみれば、その素晴らしさにビックリすること請け合いです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ