BookLive「ブックライブ」の夜明けの家無料試し読みコーナー


「老耄が人の自然なら、長年の死者が日々に生者となってもどるのも、老耄の自然ではないか。」――主人公の「私」が、未明の池の端での老人との出会いの記憶に、病、戦争、夢、近親者の死への想いを絡ませ、生死の境が緩む夜明けの幻想を語った表題作をはじめ、「祈りのように」「島の日」「不軽」「山の日」など「老い」を自覚した人間の脆さや哀しみと、深まる生への執着を「日常」の中に見据えた連作短篇集。
続きはコチラ



夜明けの家無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


夜明けの家「公式」はコチラから



夜明けの家


>>>夜明けの家の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)夜明けの家の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は夜明けの家を取り揃えています。夜明けの家BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると夜明けの家は1296円で購入することができて、夜明けの家を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで夜明けの家を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)夜明けの家を勧める理由


購読者数の減少が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを展開することで、新たな顧客を増加させつつあります。昔は考えられなかった読み放題という利用方法がそれを実現する原動力となったのです。
マンガの売れ上げは、何年も前から低下しているとのことです。今までの販売戦略に見切りをつけて、まずは無料漫画などをサービスすることで、新規ユーザーの獲得を目指しているのです。
まず試し読みをして自分が好きな漫画なのかを精査した上で、納得して買えるのがWeb漫画のメリットです。支払い前に内容を知ることが出来るので失敗がありません。
お店で売っていないというような古いタイトルも、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップの中には、40代50代が10代だったころに楽しく読んでいた漫画が含まれていることもあります。
ショップでは、商品である漫画の立ち読みを防止することを目的として、シュリンクをするのが通例です。BookLive「夜明けの家」を有効利用すれば試し読みができるので、内容を分かった上で買い求めることができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ