BookLive「ブックライブ」のあらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻無料試し読みコーナー


隣国からせめられ命からがら逃げ出した鍬形城の奥方は、夫を助けるために森にすむ醜い妖精と取り引きをする。それはお互いの子どもの顔をとり替えるというものだった。助かった殿様と奥方の間に、待望の女の子が生まれるのだが……。ほかに『つるの泉』『母の眼ばなし』『こけし探偵局』『ピンクの天使』『あけぼのさん』『カーテンは今夜も青い』『白くじゃくの歌』『ヨッコちゃんがきたよ!』を併録。 『あらしの妖精』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『つるの泉』(手塚治虫漫画全集MT382『とんから谷物語』」収録)/『母の眼ばなし』(手塚治虫漫画全集MT382『とんから谷物語』収録)/『こけし探偵局』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『ピンクの天使』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『あけぼのさん』(手塚治虫漫画全集MT314『そよ風さん』収録)/『カーテンは今夜も青い』(手塚治虫漫画全集MT87『虹のプレリュード』収録)/『白くじゃくの歌』(手塚治虫漫画全集MT87『虹のプレリュード』収録)/『ヨッコちゃんがきたよ!』(手塚治虫漫画全集MT314『そよ風さん』収録) 『あらしの妖精』 1955年9月号~1957年3月号 少女ブック連載/『つるの泉』 1956年2月号~4月号 少女クラブ連載/『母の眼ばなし』 1957年3月号 少女掲載/『こけし探偵局』 1957年4月号~12月号 なかよし連載/『ピンクの天使』 1957年4月号~1958年2月号 少女ブック連載/『あけぼのさん』 1959年1月号~7月号 りぼん連載/『カーテンは今夜も青い』 1958年新年増刊号 少女掲載/『白くじゃくの歌』 1959年夏休み増刊号 なかよし掲載/『ヨッコちゃんがきたよ!』 1962年1月号~1962年4月号 なかよし連載
続きはコチラ



あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻「公式」はコチラから



あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻


>>>あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はあらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を取り揃えています。あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとあらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻は864円で購入することができて、あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンであらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を勧める理由


気楽にアクセスして読み進められるのが、無料電子書籍が支持されている理由です。店舗まで出向いて行く必要も、オンラインで注文した本を配達してもらう必要も全然ないわけです。
数多くの方々が無料アニメ動画を視聴しています。ぽっかり空いた時間とか電車で移動中の時間などに、手っ取り早くスマホで視聴できるというのは、非常に重宝します。
スマホを持っていれば、BookLive「あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻」を容易に漫喫できます。ベッドに体を横たえて、眠るまでのリラックスタイムに見るという人が多いとのことです。
「連載の形で定期的に発刊されている漫画を楽しみにしている」という方にはいらないでしょう。しかし単行本が発売になってから閲覧する方々からすると、買う前に無料漫画で大筋をチェックできるのは、本当にありがたいことだと言えます。
読むかどうか判断に迷う作品がありましたら、BookLive「あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻」のサイトで無料の試し読みを行なってみるべきではないでしょうか?読んでみて魅力を感じなければ、決済しなければ良いわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ