BookLive「ブックライブ」の作家という病無料試し読みコーナー


どこかしら「過剰」だからこそ作家なのだ--。小説新潮の編集に約30年携わり、同誌の編集長もつとめた著者が、鬼籍に入った思い出深い著者たちの記憶をたどる。渡辺淳一、山村美紗、遠藤周作、水上勉、井上ひさし、城山三郎、久世光彦……総勢21名の作家たちのそれぞれの業(ごう)を秘話満載で描く。(講談社現代新書)
続きはコチラ



作家という病無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


作家という病「公式」はコチラから



作家という病


>>>作家という病の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)作家という病の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は作家という病を取り揃えています。作家という病BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると作家という病は810円で購入することができて、作家という病を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで作家という病を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)作家という病を勧める理由


スマホで読むことのできる電子書籍は、ご存知かと思いますが表示文字のサイズを自分好みに調整することが可能なので、老眼で見えにくい高齢者でもサクサク読めるという優位性があると言えます。
ここに来て、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というサービスが提供され評判となっています。1冊単位でいくらというのではなく、毎月いくらという徴収方法を採用しているのです。
電子書籍でなければ漫画を買わないという方が増えつつあります。カバンなどに入れて持ち運ぶことも要されなくなりますし、収納スペースも必要ないからです。その上、無料コミックになっているものは、試し読みも簡単にできます。
ネットにある本の通販サイトでは、総じてタイトルと作者、ちょっとした話の内容のみが分かるだけです。ところがBookLive「作家という病」を利用すれば、最初の数ページを試し読みすることが可能です。
書籍の購入費用は、1冊単位の値段で見れば安いですが、読みたいだけ購入していれば、1ヶ月の合計金額は大きくなります。読み放題でしたら固定料金に抑えられるため、出費を節約することが可能です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ