BookLive「ブックライブ」のロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング無料試し読みコーナー


【アイデアの発想法からプレゼン資料のつくり方まで、プロの仕事がわかる舞台裏を公開!】ロゴ制作(ブランディング・CI・VI)をテーマにしたデザインメイキングの解説書。デザイナーの制作領域の多元化はよりいっそう進んでおり、幅広い制作物に対応しつつ、「ブランディングの視点をもってトータルにデザインしていく能力」が求められています。本書では、企業やブランドだけでなく、地域、行政、教育、街づくりなどにデザインの力で参加し、貢献していく気鋭デザイナーの制作現場に密着。クライアントへのヒアリング、アイデアスケッチ、ラフ制作、プレゼンテーション、デザインの精緻化、ガイドラインの作成と、すべての工程を詳らかにすることで、デザイナーという職業の実際、そして「デザインの今」に迫ります。また、個人、大企業、自治体、教育機関、医療機関など、さまざまな事例を紹介していくことで、最新のデザイン事情が浮かび上がり、デザインに関わる作り手はもちろん、デザインやブランディングの力を活用したいと考えるクライアントにも役立つ「ロゴデザインの現場」が見えてきます。【本書の内容】〈ロゴデザインの基礎知識〉CI、企業ロゴの考え方の変遷/ブランディングの視点をもつ/ロゴデザインの基礎知識/シンボル+ロゴタイプ型の特徴と実例/ロゴタイプ型の特徴と実例/色が与える印象/書体が与える印象/プレゼンテーションについて/ロゴデザインの評価基準/VIとは〈ロゴデザインの現場〉・小野圭介の場合ソーシャル キタミン・ラボ舎 地域の魅力に光をあて、広く発信する商品ブランド UNA TEA キャラクターを軸にブランドを構築するサービスブランド PANOPLAZA サービス内容の変化を読み解く企業 enish 日本を代表するソーシャルゲーム企業を目指す ...ほか・佐藤浩二の場合企業 ヤマト自動車株式会社 普遍性と独創性を両立させることに挑戦店舗ブランド 美容室mahae トータルビューティサロンのブランディング商品ブランド EQULIBERTA 新たな市場を開拓するブランドのロゴデザインとブランディング教育機関 樟蔭学園100周年 女子教育の伝統と革新をテーマとしたコミュニケーションシンボル ...ほか・田中雄一郎の場合行政 岡山芸術回廊 グラフィックデザインで街づくり教育機関 岡山大学 岡山から世界へ。コミュニケーションマークのリニューアル医療機関 まび記念病院 ビジュアルデザインはホスピタリティを計るバロメーター公益財団法人 福武教育文化振興財団 トータルデザインでブランドイメージ向上 ...ほか
続きはコチラ



ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング「公式」はコチラから



ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング


>>>ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディングの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディングの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディングを取り揃えています。ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディングBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディングは2376円で購入することができて、ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディングを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディングを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディングを勧める理由


本を通信販売で買う場合は、ほとんど表紙とタイトルに加え、ざっくりとした内容しか見ることができないわけです。しかしBookLive「ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング」であれば、冒頭部分を試し読みで確認することができます。
CDを視聴してから買い求めるように、コミックも試し読みしてから買うのが普通になってきたように思います。無料コミックを利用して、読みたいコミックをチェックしてみて下さい。
頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトがおすすめです。決済方法も非常に簡単ですし、リリース予定の漫画を買い求めたいということで、手間暇かけてお店で事前に予約をする必要もありません。
BookLive「ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング」を広めるための戦略として、試し読みが可能という取り組みはすごいアイデアだと思います。時間を気にすることなく大雑把なあらすじを読むことができるので隙間時間を活用して漫画を選定することができます。
テレビにて放映されているものを毎週逃さず視聴するのは無理があると言う方でも、無料アニメ動画という形で視聴できるものなら、それぞれの都合の良い時間帯に視聴することができるというわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ