BookLive「ブックライブ」の現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]無料試し読みコーナー


【いまのWeb制作に乗り遅れないために。大好評ベストセラーの最新改訂版!】ここ最近のWeb制作の状況を見ても、サポート切れによる古いInternet Explorerの淘汰とEdgeへの移行、ファブレットの普及によるタッチデバイス端末の画面サイズの多様化、モバイル対応の一般化、フラットデザインの定着など、様々な点で変化と進化を遂げています。本書ではこのような状況を踏まえ、2014年に刊行してご好評をいただいた『現場のプロが教えるWeb制作の最新常識』を現在の状況にあわせてアップデートしました。「デザイン・レイアウト」「マルチデバイス対応」「HTML・CSS・JavaScript」「サイト構築・管理・運用」の4つの側面から、いまWeb制作に携わる方々が知っておくべき情報を網羅的に解説しています。いまのトレンドとそれらのメリット/デメリット、採用する際の前提や条件などにも触れていますので、実際の仕事で取り入れるかどうかを検討する際にも役立ちます。「最近はどんなレイアウトが流行っている?」「モバイルフレンドリーテストにはどう対応すればよい?」といったよくぶつかる疑問を解消し、Web制作の「いまの常識」を体系的に理解できる一冊です。〈本書の内容〉■CHAPTER1 デザイン・レイアウトWebデザインの潮流/情報設計の傾向/レイアウトのトレンド/プロモーションサイト/配色/脱ビットマップ画像/フラットデザインの注意点/Google Material Design/無料ツール/Webフォント/デザインガイドライン作成/Webリソース■CHAPTER2 マルチデバイス対応マルチデバイス対応/モバイルファースト/モックアップ作成とインブラウザデザイン/デザインガイドラインを参考に/スマートフォンサイトのレイアウト/レスポンシブの変化パターン/スマートフォン特有のコーディング/モバイルフレンドリーテストへの対応/iOSとAndroidの違い■CHAPTER3 HTML・CSS・JavaScriptターゲットブラウザの決め方/CSS3の使い方/ベンダープレフィックス/リセットCSS/ブラウザ対応用ライブラリ/フォーム/アイコンフォント/CSSフレームワーク/CSSメタ言語/SassとCompass/ポストプロセッサー/CSS設計/フロントエンドでの軽量化/Emmet/エディタ/構造化マークアップ/Webアクセシビリティ/jQueryのバージョン/Node.js&ツール/開発者ツールとシミュレーター■CHAPTER4 サイト構築・管理・運用プロジェクト管理/CMS/バックエンドでのサイト高速化/サーバの選び方/SEOの最新情勢/ソーシャル対応/Google Analytics/セキュリティ/マーケティングの用語集
続きはコチラ



現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]「公式」はコチラから



現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]


>>>現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]を取り揃えています。現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]は2160円で購入することができて、現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]を勧める理由


大体の本屋では、販売中の漫画の立ち読みを抑止するために、ビニールカバーをつけるのが普通です。BookLive「現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]」を利用すれば試し読みというサービスがあるので、漫画の概略を精査してから購入の判断を下せます。
BookLive「現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]」はスマホなどの電子機器やタブレット型端末で読むことができます。冒頭部分のみ試し読みが可能になっているので、それによってその漫画をDLするかの結論を下す人も多くいるようです。
書籍の販売低迷が出版社の頭を悩ませていますが、電子書籍は新たな仕組みを採り入れることにより、新規のユーザーを増やしています。斬新な読み放題という利用方法がそれを実現させました。
使わないものは処分するというスタンスが数多くの人に受け入れてもらえるようになった今の時代、漫画も書冊として保管せず、BookLive「現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]」を役立てて楽しむ人が増加しつつあります。
老眼が進んで、近いものがハッキリ見えなくなってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるというのは、大いに意味のあることなのです。文字のサイズを自分用に調節できるからです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ