BookLive「ブックライブ」のZBrushフィギュア制作の教科書無料試し読みコーナー


【プロ原型師によるZBrushテクニックを一冊に凝縮!】プロ原型師 榊馨のZBrushテクニックを一冊に凝縮した、美少女フィギュア制作のバイブルです。ZBrushの多彩なブラシやコマンドを駆使したモデリングテクニックはもちろん、フィギュア用の分割のコツ、3Dプリントしてフィギュア原型として仕上げる際の注意点までを、端折らずにじっくり、すべて解説! ZBrush 4R6&4R7両対応、ZBrushデータのダウンロード提供に加え、ほぼ全制作工程の動画を公開。誌面だけではわかりにくい個所もしっかり理解できます。〈本書の構成〉全体のワークフロー/各種設定のカスタマイズ/素体のモデリング/ポーズ付け/衣装・髪のラフモデリング/詳細モデリング/分割/表面処理/塗装〈機能・テクニック解説〉Spotlight機能による下絵表示/Move Elasticブラシの特性/DynaMeshの機能概要/ZRemesherで螺旋を回避するテクニック/SmoothブラシをSmooth Polishモードで使う/MoveブラシとClayBuildupブラシを使い分ける/MoveFブラシの特性と使いどころ/Smooth系ブラシの効果一覧/Layersの使い方/ReplayLast使用法と注意/Transpose(Move・Scale・Rotate)の操作方法と各効果一覧/カーブ編集の方法/TransposeのInflate動作による微調整/Smooth DirectionalブラシとSmooth Perpendicularブラシの関係/ZBrushですばやく長さを測る方法/カーブモード使用時の操作方法/Transpose Masterの使用方法/レイヤー構造のあるSubToolでTranspose Masterを使う際の注意点/Use Posable Symmetry/NoiseMakerの機能概要/NanoMeshの機能概要/Brush Modifier値の効果/ShadowBoxとは/Projection Strengthとは/Alphaメニューの各種設定/ZProjectブラシの使い方/3Dプリント用のデータ作成ルール/パーツの分割には「複製」工程の理解が欠かせない/ダボ付けの形状あれこれ/Planarブラシの使い方/DynaMeshブーリアンで発生するトゲのクリーンアップ方法/「スライド型」で複製する形状の例/Decimation Masterの使用方法 など〈著者プロフィール〉榊馨(KAORU SAKAKI)株式会社Wonderful Works代表取締役、個人ディーラー「SAKAKI Workshops」でワンダーフェスティバルに参加。ZBrushで美少女フィギュアを作る原型師。代表作に『ラブライブ!』Birthday Figure Project 絢瀬絵里、「艦隊これくしょん -艦これ- 吹雪」(コトブキヤ)など。
続きはコチラ



ZBrushフィギュア制作の教科書無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ZBrushフィギュア制作の教科書「公式」はコチラから



ZBrushフィギュア制作の教科書


>>>ZBrushフィギュア制作の教科書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ZBrushフィギュア制作の教科書の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はZBrushフィギュア制作の教科書を取り揃えています。ZBrushフィギュア制作の教科書BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとZBrushフィギュア制作の教科書は3780円で購入することができて、ZBrushフィギュア制作の教科書を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでZBrushフィギュア制作の教科書を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ZBrushフィギュア制作の教科書を勧める理由


「アニメにつきましては、テレビで放映されているもの以外見ない」というのは昔の話でしょう。どうしてかと言うと、無料アニメ動画をインターネット上で楽しむという形が流行ってきているからです。
電子書籍ビジネスには多くの企業が進出しているので、しっかりと比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決定することが必要です。取扱い書籍の数量やサービス、料金、使い心地などをリサーチすることが肝要でしょうね。
次から次に新たな漫画が配信されるので、毎日読もうとも読みつくしてしまうという状況にはならないというのがコミックサイトの人気の理由です。書店ではもう扱われない少し前の作品も手に入れることができます。
コミックが好きなら、コミックサイトがおすすめです。買うときの決済も超簡単ですし、新刊を買い求めるために、その度毎にショップに出かけて行って事前に予約をすることも不要になるのです。
コミックブックと言うと、若者の物というイメージがあるのではありませんか?しかし近年のBookLive「ZBrushフィギュア制作の教科書」には、40代以降の方が「思い出深い」と言ってもらえるような作品も山ほどあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ