BookLive「ブックライブ」の鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”無料試し読みコーナー


「鉄道公安官」とは、昭和22年から国鉄分割・民営化まで活躍した、「鉄道公安職員」の通称。現在、その役割は都道府県警による鉄道警察隊に引き継がれているが、当時はれっきとした国鉄職員であった。本書では、国鉄マンとしての誇りを持ちながら、駅や列車内でのスリ、窃盗、暴力事件などと戦い続けたその全貌を、新たな資料とインタビューにより明らかにする。鉄道という閉じた「舞台」ならではの犯罪も興味深い。 濱田研吾(はまだけんご)1974年大阪府交野市生まれ。ライター・編集者。社史や企業PR誌の執筆・編集のかたわら、昭和時代の芸能史、映画史、放送史、広告文化史、鉄道史を研究。著作や雑誌などに発表している。著書に『徳川夢声と出会った』(晶文社)、『脇役本・ふるほんに読むバイプレーヤーたち』(右文書院)、『三國一朗の世界・あるマルチタレントの昭和史』(清流出版)。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”「公式」はコチラから



鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”


>>>鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を取り揃えています。鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”は756円で購入することができて、鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を勧める理由


待ち合わせの時間つぶしにベストなサイトとして、人気を集めているのがBookLive「鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”」だと言われています。ショップに足を運んで欲しい漫画を購入しなくても、スマホでサイトに行けばいつでも読めるという部分がメリットです。
非常に多くの人が無料アニメ動画を見ているのです。ぽっかり空いた時間とか電車やバスで移動中の時間などに、簡単にスマホでエンジョイできるというのは、とても便利だと思います。
近頃はスマホを介して楽しむことができるアプリも、更に多様化が進んでいると言えます。無料アニメ動画は当然の事、無料電子書籍や手軽にプレイできるスマホゲームなど、沢山のサービスの中から選ぶことができます。
漫画や本を多数読む人にとって、あれこれ購入するのはお財布への負担が大きいのではないでしょうか?でも読み放題であれば、本の購入代金を節約することも適うのです。
スマホを使って読む電子書籍は、ご存知の通りフォントサイズをカスタマイズすることが可能となっていますから、老眼で近場が見えない60代以降の方でも楽々読めるという特長があるというわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ