BookLive「ブックライブ」の上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎無料試し読みコーナー


上越新幹線は東北新幹線と同時開業する予定だった。しかし建設中の1979年、群馬県内の高崎駅~上毛高原駅間にある全長1万4830メートルの中山トンネル内で、日本トンネル建設史上最悪といわれる出来事が発生。その結果、開業は大幅に遅れ、さらには高速の新幹線がスピードダウンせざるを得ない半径1500メートルのカーブがトンネル内に残された。当時の建設担当者が語り残す苦闘と真実のドキュメント。 北川 修三(きたがわしゅうぞう)1948年石川県生まれ。京都大学理学部地質学鉱物学科卒業。1970年、日本鉄道建設公団(現、鉄道建設・運輸施設整備支援機構)に入社。3年弱の青函トンネル勤務を経たのち、トンネル技術者として上越新幹線中山トンネルはじめ全国の鉄道トンネルの建設に携わる。2002年公団を退社、引き続き建設コンサルタント会社に勤務してトンネル建設に情熱を注ぎ、現在に至る。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎「公式」はコチラから



上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎


>>>上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎を取り揃えています。上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎は756円で購入することができて、上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎を勧める理由


BookLive「上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎」のサイトにもよりますが、1巻すべてを料金不要で試し読み可能というところもあるのです。まずは1巻だけ読んでみて、「面白かったら、その続きを有料にて読んでください」という販促方法です。
「出先でも漫画を読み続けたい」というような漫画好きな方に最適なのがBookLive「上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎」だと言っても過言じゃありません。その日に読みたい本を持ち歩くのが不要になるため、バッグの中の荷物も重くなることがありません。
読み放題サービスというのは、電子書籍業界でしか実現できない言わば革命的とも言える取り組みです。購入者にとっても作家さんや出版社にとっても、利点が多いということで、早くも大人気です。
移動中などの空き時間を活用して、無料漫画を調べて興味がそそられた本を発見しておけば、公休日などの時間的に融通が利くときに購読して続きを閲読するということも可能です。
本を通販で買う時には、基本はタイトルと作者、あらすじぐらいしか確認できません。ところがBookLive「上越新幹線物語1979 中山トンネルスピードダウンの謎」を使えば、何ページ分かは試し読みで確認できるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ