BookLive「ブックライブ」の15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年無料試し読みコーナー


幼い頃から蒸気機関車にあこがれていた著者は、戦時中の昭和18年、14歳で国鉄(当時は鉄道省)に就職。名古屋機関区の一員となり、機関車掃除をする「庫内手」に。全身が真っ黒になる辛い機関車磨きの日々を乗り越え、鉄道教習所での訓練を終えると、晴れて機関助士に。やがて、花形の東海道線に乗務する。機関士と機関助士の固い絆、乗務する機関車と客車が間一髪で空襲を免れたこと、空襲による仲間の殉職。終戦の日、敗戦のショックで茫然自失の中、機関士に励まされていつも通り汽車を走らせた・・・・・・。機関車乗務員の青春の記録。川端 新二(かわばたしんじ)昭和4年(1929)1月、福井県福井市生まれ。昭和18年3月国民学校高等科卒業。18年4月国鉄に就職し、名古屋機関区庫内手となる。19年6月機関助士となり、関西本線や東海道本線の蒸気機関車に乗務。28年からは電気機関車で機関助士を務めた後、32年7月蒸気機関車に戻り、機関士に。名古屋地区最後の蒸気機関車に乗務。その後は電気機関士として、東海道線のブルートレインなどに乗務。指導機関士として3年間、後進の指導をした後、59年3月退職。著書に「ある機関士の回想(イカロス出版刊)」がある。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年「公式」はコチラから



15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年


>>>15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年を取り揃えています。15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年は756円で購入することができて、15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年を勧める理由


常日頃より頻繁に漫画を買う方にとっては、月極め料金を納めれば何十冊でも読み放題で閲覧できるという購読方法は、それこそ先進的と言えるのではないでしょうか?
「比較するまでもなく選定した」と言う人からしたら、無料電子書籍はどこも一緒という認識をお持ちなのかもしれないですが、サービスの詳細については会社によってまちまちですから、比較・検討してみることは結構大事です。
趣味が漫画だということをあまり知られたくないと言う人が、この頃は増えていると言われています。マイホームに漫画は置けないと言われる方でも、BookLive「15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年」を活用すれば他の人に内緒で漫画を読み続けられます。
BookLive「15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年」の販促方法の1つとして、試し読みが可能という仕組みは凄いアイデアだと言っていいでしょう。どこにいてもマンガの内容を閲覧できるので、空き時間を上手に利用して漫画を選ぶことができます。
様々なジャンルの本をたくさん読むというビブリオマニアにとって、何冊も購入するのは金銭的にも負担が大きいものです。だけれど読み放題を利用するようにすれば、本代を節約することができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ