BookLive「ブックライブ」の新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学無料試し読みコーナー


工場で造られた新幹線の車両は、一体どうやって車両基地まで運ばれるのか?実は、メーカーから納品先であるJRへは、夜間一般道を利用して、1両ごとにトレーラーで運ばれているのだ。本書では、日本車輌製造豊川製作所から新幹線のレールにつながるJR東海浜松工場までの、日本通運・輸送チームによる陸送のプロセス、そして困難な作業に取り組む男達のドラマを追いかけた。 梅原 淳(うめはらじゅん)1965年東京生まれ。大学卒業後、銀行に入社。その後出版界に身を転じ、月刊『鉄道ファン』編集部などを経て、2000年からフリーランスの鉄道ジャーナリスト。『新幹線不思議読本』(朝日文庫)、『鉄道・車両の謎と不思議』(東京堂出版)、『鉄道用語の不思議』(朝日新書)など著書多数。鉄道各誌や東海道・山陽新幹線の車内誌『ひととき』などにも寄稿。東良 美季(とうらみき)1958年神奈川県生まれ。大学卒業後、編集者、カメラマン、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て現在は執筆業。著書に『アダルトビデオジェネレーション』(メディアワークス)、『猫の神様』(新潮社)。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学「公式」はコチラから



新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学


>>>新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学を取り揃えています。新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学は756円で購入することができて、新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学を勧める理由


最近の無料アニメ動画は、スマホでも見ることが可能です。昔に比べて大人世代のアニメマニアも増加する傾向にありますから、この先尚のことレベルアップしていくサービスだと言えるでしょう。
「自室にストックしておきたくない」、「所持していることもバレたくない」と思う漫画でも、BookLive「新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学」ならば自分以外の人に知られることなく購読できます。
人気のアニメ動画は若者だけをターゲットにしたものだと考えるのは早計です。アダルト世代が見ても楽しむことができるクオリティーで、深いメッセージ性を秘めた作品も稀ではないのです。
使っている人が著しく伸びているのがBookLive「新幹線、国道1号を走る N700系陸送を支える男達の哲学」なのです。スマホに漫画を表示させることが簡単にできるので、わざわざ本を携帯する必要もなく、出かける時の荷物を少なくできます。
よく漫画を買うなら、コミックサイトが重宝するはずです。払い方も楽ですし、最新刊を買いたいということで、その度毎にショップで事前に予約をするといった手間を掛ける必要もなくなります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ