1. BookLive! (ブックライブ)は随時新しい無料で読める電子書籍が更新
  2. はじめて「ブックライブ」4|ブックライブ無料読める電子書籍一覧
  3. ブックライブ作品8|ブックライブ無料読める電子書籍一覧
  4. 観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパン|ブックライブ無料読める電子書籍一覧

BookLive「ブックライブ」の観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパン無料試し読みコーナー


日本の自然や文化は海外からどう見られているのか。今後日本は国際社会の中でどんな国でありうるのか。著者は、ハーフリタイア後、ドイツでの駐在経験をベースに日本での観光通訳ガイドを始めて10年、この間、ドイツ語圏のドイツ、オーストリア、スイスなどの国々の人たちを中心に、世界各国の訪日観光客にナマのニッポンを紹介してきた。その知られざる日本再発見の数々をまとめたのが本書。日本の行く末を考えさせてくれるエピソードが満載だ。亀井尚文(かめいしょうぶん)群馬県前橋市出身。国立群馬大学電気工学科卒。トーメン(旧東洋綿花)入社、西ドイツ・ハンブルク駐在後、ミサワホームに移籍。ミサワホーム滋賀代表取締役・ミサワホーム販売建設社長・平成16年から山田建設監査役を歴任。現在、ドイツ語観光通訳ガイド、JGA日本観光通訳協会認定A級。主としてドイツ語圏からのお客さまを延べ1000人以上、日本各地へご案内している。外務省関連(社)国際交流サービス協会・エスコートガイド、日本観光通訳協会会員、ドイツ・東アジア協会OAG F.MITGLIED。リフォーム住宅会社まんまるハウス(株)顧問。エッセイスト。著書に「オジサンのノンビリ・タウンウォッチング」(碧天社)、「ゲルマンQ-ドイツ語初心者向けの雑学クイズ」(監修・アートン)。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパン「公式」はコチラから



観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパン


>>>観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパンの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパンの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパンを取り揃えています。観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパンBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパンは756円で購入することができて、観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパンを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパンを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパンを勧める理由


スマホで見る電子書籍は、便利なことに表示文字のサイズを自分に合わせることもできますから、老眼の為に読書から遠ざかっていたアラフォー世代以降の方でも難なく読むことができるという特性があるというわけです。
電子書籍も本屋で売られている本と同じように情報が商品となりますので、内容が今一つでも返金請求はできません。そんなわけで、自分の好みに合うかを確認するためにも、無料漫画を読む方が良いですね。
頻繁にコミックを読むなら、コミックサイトが重宝します。購入手続きも楽々ですし、最新巻を買い求めるために、手間暇かけて書店で事前予約するといった手間を掛ける必要もなくなります。
BookLive「観光通訳ガイドの訪日ツアー見聞録 ドイツ人ご一行さまのディスカバー・ジャパン」が大人世代に人気を博しているのは、若かったころに繰り返し読んだ作品を、また手間もなく読むことができるからだと言っていいでしょう。
「アニメについては、テレビで放送中のものしか見ない」というのは過去の話だと言うしかないでしょう。どうしてかと言うと、無料アニメ動画をインターネット上で楽しむというスタイルが浸透しつつあるからです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ