1. BookLive! (ブックライブ)は随時新しい無料で読める電子書籍が更新
  2. はじめて「ブックライブ」4|ブックライブ無料読める電子書籍一覧
  3. ブックライブ作品8|ブックライブ無料読める電子書籍一覧
  4. 零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人|ブックライブ無料読める電子書籍一覧

BookLive「ブックライブ」の零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人無料試し読みコーナー


滞空時間8000時間、日本が世界に誇った「零戦」を駆って戦い交戦国から畏れられた歴戦のパイロット・原田要。南京攻略、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島争奪戦など、幾多の戦場をくぐり抜け、自らを「零戦老兵」と呼ぶ著者が翔け抜けた戦前、戦中、戦後が鮮やかによみがえる。ミッドウェー海戦で、最後まで孤軍奮闘した空母「飛龍」から最後に飛び立ったのが著者だった!生きるか死ぬかの極限の戦場で、著者は何を見、いかに行動したのか。実際の戦場を知る著者だからこそ語り得る体験には、戦記の枠を超えて、混沌としたこの現代を力強く生き抜くためのヒントが多く隠されている。多くの日本人、特に次代を担う若い人たちに読んで欲しい1冊! 著者略歴原田要元ゼロ戦戦士。大正5年8月11日長野県生まれ。昭和8年、横須賀海兵団入団。昭和12年支那事変勃発。同年第35期操縦練習生を主席で卒業し、同10月第12航空隊附で中支戦線に出動し、「パネー号」爆撃、南京攻略戦に参加。昭和16年、空母蒼龍に乗り組みハワイ真珠湾攻撃に参加。その後、激戦地を転戦。重傷を負い、内地で航空教官となり終戦。戦後、公職追放の苦難の中、農業、酪農、八百屋、牛乳販売など様々な職業を経て、昭和43年に託児所を開設。昭和47年学校法人「ひかり幼稚園」として認可され、同時に園長に就任。歴戦の元零戦パイロットとしての使命と誇りを胸に、戦争の悲惨さ、平和の大切さを各地で講演すると共に亡き戦友の慰霊を続けた。平成22年、園長を退いた後も幼稚園で子どもたちと触れ合うのが日課だった。平成28年5月、皆に惜しまれながら99歳で帰らぬ人となった。
続きはコチラ



零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人「公式」はコチラから



零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人


>>>零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人を取り揃えています。零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人は1317円で購入することができて、零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人を勧める理由


お店ではチョイ読みすることさえ躊躇してしまうような種類の漫画でも、無料漫画サービスのある電子書籍でしたら、好みに合致するかをしっかり確認した上で購入を決めることも可能なのです。
スマホがたった1台あれば、どこでもコミックを読みまくることができるのが、コミックサイトの便利なところです。1冊ずつ買うタイプのサイトや1カ月定額料金のサイトなど諸々あります。
電子書籍というものは、気が付いたら利用料が高くなっているということが想定されます。ところが読み放題に申し込めば月額料が決まっているので、読み過ぎても料金が高くなるなんてことはないのです。
しっかりと比較した後に、最適なコミックサイトを決めるという人が増加しています。ネットで漫画を堪能したいと言うなら、幾つものサイトの中より自分に最適なサイトを選び出すことが大切なのです。
無料漫画と言いますのは、書店での立ち読みと同じ様なものだと言えるでしょう。内容がどうなのかを概略的に確かめてから手に入れられるので、利用者も安心感が違うはずです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ