BookLive「ブックライブ」のシーボルト江戸参府紀行無料試し読みコーナー


【江戸参府紀行】シーボルト著 呉秀三 註訳(文語訳) シーボルトの江戸参府は1826年2月から7月にかけて行なわれた。本書はその紀行の日程に合わせて、序文と11章にわたり出来事が克明に記録されている。シーボルトはこの江戸参府に大きな期待を寄せ、序文では2年間を準備に当てたと書いている。滞在先では各地からやってくる、医師や蘭学者に面会して精力的に活動。医師たちに天然痘の講義、若千ながら手術を実演し、将軍家の日本人医師から訪問を受けている。各地で日本人と触れ合うことで、シーボルトの日本研究はより深まっていった。この『江戸参府紀行』は鎖国当時の外国人による数少ない記録であり、当時の日本人たちを知る上で貴重な資料。出版-駿南社(1928年)、出典-近代デジタルライブラリー【著者】シーボルトPhilipp Franz Balthasar von Siebold(1796 -1866年)ドイツの医者。ドイツの名家に生まれ、ヴェルツブルグ大学にて医学、植物額、地理学、人類学を学ぶ。1822年オランダ領東インド陸軍病院少佐に任命され、バタヴィア(現ジャカルタ)を着任。1823年に鎖国中の日本・出島のオランダ商館医として来日。各地から集まった日本人医師に医学や諸科学を教え、日本の植物を収集した。1826年には将軍徳川家斉に謁見。1823年に『シーボルト事件』で国外追放となる。帰国後は日本研究をまとめ、西洋における日本学の発展に大きく影響を与えた。1866年、ミュルヘンで70歳没。
続きはコチラ



シーボルト江戸参府紀行無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


シーボルト江戸参府紀行「公式」はコチラから



シーボルト江戸参府紀行


>>>シーボルト江戸参府紀行の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)シーボルト江戸参府紀行の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はシーボルト江戸参府紀行を取り揃えています。シーボルト江戸参府紀行BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとシーボルト江戸参府紀行は108円で購入することができて、シーボルト江戸参府紀行を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでシーボルト江戸参府紀行を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)シーボルト江戸参府紀行を勧める理由


わざわざ無料漫画を並べることで、サイト訪問者を増やし収益につなげるのが電子書籍会社の利点ですが、もちろん利用者も試し読みができるので失敗がなくなります。
漫画の最新刊は、書店で立ち読みして購入するか購入しないかを決定する人が大半だと聞きます。しかし、今日ではまずはBookLive「シーボルト江戸参府紀行」で冒頭部分だけ読んで、それを買うか判断する人が増えているとのことです。
スマホを通して電子書籍を購入しておけば、電車やバスでの移動の間や午後の休憩時間など、ちょっとした時間に堪能することができます。立ち読みも可能ですから、店頭まで足を運ぶなどという必要性がありません。
購読者数の減少が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は画期的な仕組みを展開することで、ユーザー数を増やしつつあります。昔は考えられなかった読み放題というサービスがそれを成し得たのです。
ユーザー数が増加しているのが、若い人に人気のBookLive「シーボルト江戸参府紀行」です。スマホ上で漫画を見ることができますから、かさばる書物を持ち運ぶ必要もなく、バッグの中の荷物が少なくて済みます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ