BookLive「ブックライブ」の祝祭日要義無料試し読みコーナー


神道学者河野省三が語る祝祭日の意義。大正5年(1916年)に刊行された内容は、戦前の祝日がどのようなものだったかを教えてくれる貴重な資料。同じ祝日であっても、戦前と戦後では意味が大きく変わっていることが、はっきりと読み取れ、戦前の日本の生活の一端が見えてくる。※本製品は、国会図書館デジタルコレクションの画像データをもとに作成されています。一部に読みにくい箇所があります。
続きはコチラ



祝祭日要義無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


祝祭日要義「公式」はコチラから



祝祭日要義


>>>祝祭日要義の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)祝祭日要義の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は祝祭日要義を取り揃えています。祝祭日要義BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると祝祭日要義は108円で購入することができて、祝祭日要義を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで祝祭日要義を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)祝祭日要義を勧める理由


ショップでは、棚の問題で本棚における書籍数に制限がありますが、BookLive「祝祭日要義」においてはそのような限りがないため、あまり一般的ではない単行本も販売できるのです。
コミックブックと言えば、「10代を対象にしたもの」だと思っているのではないでしょうか?しかし今はやりのBookLive「祝祭日要義」には、30代~40代の方が「10代の頃を思い出す」と思ってもらえるような作品も複数あります。
読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界でしか成しえない本当に画期的とも言える挑戦になるのです。読む方にとっても制作者にとっても、利点が多いと言うことができます。
店舗では扱っていないであろう古いタイトルも、電子書籍では買うことができます。無料コミックの中には、アラフィフ世代が中高生時代にエンジョイした漫画なども見られます。
使わないものは処分するという考え方が徐々に分かってもらえるようになった昨今、本も書物として持ちたくないということで、BookLive「祝祭日要義」を通して楽しむ人が増えつつあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ