BookLive「ブックライブ」の沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―無料試し読みコーナー


【SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!】Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を解説した実用入門書。謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える特別解説(約100ページ)を加えました。特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。Webサイトやブログの記事だけではなく、ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!〈あらすじ〉須原にある温泉旅館「みやび屋」。若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。男の名は「ボーン・片桐」。重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……!? いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!〈ストーリー 目次〉EPISODE 01 SEOライティングの鼓動EPISODE 02 解き放たれたUSPEPISODE 03 リライトと推敲の狭間にEPISODE 04 愛と論理のオウンドメディアEPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュEPISODE 06 嵐を呼ぶインタビューEPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・!!エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし〈特別解説 目次〉 ※書籍書き下ろし○SEOを意識したコンテンツを作るカギ○「USP」を最大限に活かすコンテンツ○わかりやすい文章を書くためのポイント○論理的思考をSEOに結び付ける○オウンドメディアに必要なSEO思考○SEOに強いライターの育成法○バズにつながるコンテンツ作成のコツ
続きはコチラ



沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―「公式」はコチラから



沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―


>>>沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―を取り揃えています。沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―は1944円で購入することができて、沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―を勧める理由


「スマホの小さな画面では読みにくいということはないのか?」という疑問を持つ人がいるのも知っていますが、現実的にBookLive「沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―」を買ってスマホで閲覧するということをすれば、その素晴らしさに驚愕する人が多いようです。
コミックの購買者数は、ここ数年少なくなっているというのが実際のところです。古くからの営業戦略は見直して、0円で読める無料漫画などを提案することで、新規ユーザーの獲得を目論んでいます。
漫画マニアの人にとって、コレクションのための単行本は大切だと思われますが、「読めればそれでOK」という人であれば、スマホで閲覧できるBookLive「沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―」の方が扱いやすいでしょう。
「電車に乗っている時に漫画を取り出すなんて絶対に無理」という様な方でも、スマホに直接漫画を保管しておけば、他人の視線を気にする理由がなくなります。こうしたところがBookLive「沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―」人気が持続している理由の1つです。
クレカで購入する電子書籍は、知らないうちに利用料が高くなっているということが十分あり得るのです。ところが読み放題でしたら月額料金が増えることはないので、どれだけDLしたところで料金が跳ね上がることはありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ