BookLive「ブックライブ」の現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]無料試し読みコーナー


【WordPressの多彩なテクニックが満載!“あれどうやるの?”がすぐに解決!】WordPressの機能をひととおり理解しても、いざ自分でサイトをつくろうとすると「ここはどうすればよいのだろう?」と悩んでしまうものです。本書はそのような悩みを解決するために、WordPressでのサイト制作によく使われる手法を目的別にまとめたテクニック集です。「メインナビゲーションを設置する」「検索機能を導入する」「カスタム投稿タイプでスタッフ紹介ページをつくる」などのWordPressの基本テクニックに加え、「上部固定ナビゲーションにする」「タブインターフェイスを導入する」「Pinterest風のレイアウトにする」といった一歩進んだカスタマイズの手法も数多く掲載しています。汎用性を重視した手法を本書専用のサンプルテーマに基づいて解説していますので、実際に動作を試しながら解説内容を理解できます。また、レスポンシブWebデザインにも対応していますので、掲載テクニックはPCだけでなくスマートフォンへの対応も踏まえたものになっています。待望のWordPress最新版に対応した、現場のメソッドがぎっしり詰まった定番の一冊です。〈本書の内容〉・Part1 テーマの準備サンプルテーマを組み込み/テンプレート構造/各ページ紹介/サンプルサイトの投稿タイプと機能 etc.・Part2 WordPressサイトの基本構築ループでのコンテンツを表示/メインナビゲーション/カスタムヘッダー/パンくずリスト/サブナビゲーション/サイトマップ/検索機能/404ページ/アイキャッチ/コメント機能/お問い合わせフォーム/Googleマップ/カスタムフィールド/カスタム投稿タイプ etc.・Part3 多彩なカスタマイズ基本SEO&SMO対策/トップページの表示情報を固定ページで管理/OGPの設定/SNSボタンを表示/SNSウィジェットの埋め込み/記事投稿をSNSで発信/コメント欄をFacebookと連携/Infinite Scroll/スライドショー/タブ/Lightbox/写真ギャラリー/上部固定ナビゲーション/Pinterst風レイアウト/ページトップへ戻るボタン/動画埋め込み/ドロワーメニュー/表組み etc.
続きはコチラ



現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]「公式」はコチラから



現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]


>>>現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]を取り揃えています。現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]は2484円で購入することができて、現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]を勧める理由


長い間単行本という形になったものを買っていたといった人も、電子書籍を利用し始めた途端、その便利さにびっくりさせられるということが多いとのことです。コミックサイトも色々ありますので、兎にも角にも比較してからチョイスした方が賢明です。
よく比較してからコミックサイトを決定する人が多くなっています。漫画をネットで楽しみたいと言うなら、諸々あるサイトの中から自分のニーズを満たしてくれるものをチョイスするようにしないといけません。
BookLive「現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド[アップデート版]」の営業戦略として、試し読みが可能という取り組みは完璧なアイデアではないでしょうか。いつ・どこでもある程度の内容をチェックすることができるので、休憩時間を賢く使って漫画を選ぶことが可能です。
物語という別世界に入り込むというのは、日々のストレス発散に半端なく実効性があります。複雑で難しい内容よりも、シンプルな無料アニメ動画の方が賢明です。
スマホやタブレットの中に漫画を丸々収めれば、しまう場所について気に掛けることがなくなります。物は試しに無料コミックから楽しんでみると良さが分かるでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ