BookLive「ブックライブ」のUXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイス無料試し読みコーナー


【UXデザインを学ぶためのガイドブック】UXデザインは「製品やサービスを利用した時に得られる経験」を、どう優れたものにするかを計画する新しいデザインの概念およびジャンルとして注目を集めています。それにともない、UXデザインの仕事や、職業としてのUXデザイナーの需要は増え続けていますが、UXデザインの扱う領域は広く、実際の仕事も多岐にわたるため、いまだにUXとは何か、そしてUXデザインとは何をする仕事なのかについて、広く理解されているとはいえないでしょう。本書はUXデザインを学びたい学生や、WebデザインやUIデザインに携わっていてUXデザインを学びたいと考えている初心者に向けて、UXデザインが実際にはどのような仕事で、具体的にどのような領域を扱い、どのようなフローで具体的な作業をし、どのように成果を出していくかについて、実践的に解説したUXデザインのための実践的ガイドブックです。本書の後半では、UXデザイナーとしてスキルアップする方法や、就職する方法についてまで具体的に解説しています。UXデザインに関する一般的な解説だけでなく、デザイン力、調査、交渉、管理やコラボレーション、考察やスキルなどについても扱います。これからUXデザインを学ぶ学生だけではなく、すでに活躍中のプロフェッショナルも、優れたUXをデザインするために必要な資質や能力とは何かについて理解を深め、さらにスキルアップするための土台作りができるでしょう。本書は・UXとは何か?・UXデザインの分野に入るきっかけとは?・UXデザイナーの仕事とは?・UXデザイナーになるにはどんなスキルが必要か?・UXデザインを学ぶにはどうすればよいのか?・UXデザイナーとして腕を磨くにはどうすればよいのか? このような疑問に答えます。〈主な内容〉■第1章 概要 UXデザインとは?/UXデザイナーとは?/UXデザインに特有の課題■第2章 UXデザインを学ぶ 吸収する/練習する/振り返る/心構え■第3章 デザインプロセス ダブル・ダイヤモンド・モデル 「探索」フェーズ/「定義」フェーズ/「展開」フェーズ/「提供」フェーズ ■第4章 調査およびデザイン手法 インタビュー/コンテクスチュアルインクワイアリー/親和図法/カードソーティング/参加型デザイン/ペルソナ/フローダイアグラム/ストーリーボード/ワイヤーフレーム/プロトタイプの作成/ビジュアルモックアップ/ユーザビリティテスト■第5章 UXデザインに必要な能力認知能力/知識/ビジュアルデザイン/フロンドエンド開発/デザインに対する判断力/ソフトスキル■第6章 UXデザインを仕事にするUXデザインの就業形態/UXデザイン関連職種への応募/採用チームとプロセス■第7章 リソースUXデザインに関するWebサイト/UIパターンとインスピレーション ほか
続きはコチラ



UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイス無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイス「公式」はコチラから



UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイス


>>>UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイスの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイスの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はUXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイスを取り揃えています。UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイスBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとUXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイスは2160円で購入することができて、UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイスを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでUXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイスを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイスを勧める理由


お店にはないというような出版数が少ないタイトルも、電子書籍では売られています。無料コミックのラインナップ中には、大人世代が昔楽しんだ漫画が含まれていることもあります。
本のネット書店では、ほとんど表紙とタイトル、それに大体の内容しか把握できません。だけどBookLive「UXデザインのやさしい教本 UXデザインの仕事の実際、学習のヒントとアドバイス」を使えば、数ページ分を試し読みで確かめることが可能です。
きちんと比較してから、利用するコミックサイトを選定する人がほとんどです。ネットで漫画をエンジョイしたいのであれば、あまたあるサイトの中より自分のニーズを満足してくれるものを選抜するようにしないといけません。
毎月の利用額が決まっているサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1冊毎売っているサイト、無料のコミックが豊富なサイトなど、コミックサイトも1つ1つ違いがありますので、比較した方が賢明です。
0円で読める無料漫画をわざわざ配置することで、利用者数を増やし利益に結び付けるのが業者にとっての狙いですが、もちろんユーザーにとっても試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ