BookLive「ブックライブ」の幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~無料試し読みコーナー


あなたには、叶えたい願いはありますか?「ある!」という人も、「よくわからない……」という人もいると思います。どちらの人も、「今よりもっと幸せになりたい!」と思う気持ちは同じではないでしょうか?この本は、信じていた彼に二股をかけられ振られ、人生のどん底の中で、「今よりもっと幸せになりたい!」と望んだ、アラフォーの主人公知恵子が、偶然出逢った、オカマバーのママ神子と従業員テンコから、『未来脚本』という、理想の一日を脚本にすることで、自分の未来が、本当に脚本通りになってしまう(!)、不思議な願望達成法を教えてもらうというお話です。物語は、『未来脚本』に倣って、ストーリーのある脚本型で進んでいきますが、内容はノンフィクションです。物語を読み進めていくと、未来脚本を書くことで、あなたの未来はどう変わるのか?人間の脳の仕組みやこの世のシステム、未来脚本の書き方など、あなたの願いを叶えるための方法が、どんどん明かされていきます。あなたはこの本を読み終えた時、きっと未来脚本を書きたくなるはず。あなたが未来脚本を書き上げた瞬間から、あなたの人生は、大きく理想に向かって動き始めるかもしれません!【著者プロフィール】夢野さくら神奈川県藤沢市生まれ。高校卒業後、劇団青年座研究所に入所。卒業後、劇団青年座、演技部に入団。女優として、ドラマ、舞台、CM、アニメの吹き替えなど、幅広く活動。退団後、演劇ユニットを設立し、執筆、演出活動を開始。テレビアニメ「サザエさん」の脚本を筆頭に、舞台、映画、CDドラマなどの脚本を手掛ける。2009年10月に、(有)クリスタル・エンタープライズという、願望達成に関するセッションを提供する会社を設立し、願望達成カウンセラーとしての活動を開始。
続きはコチラ



幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~「公式」はコチラから



幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~


>>>幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を取り揃えています。幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~は583円で購入することができて、幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を勧める理由


電子無料書籍をうまく活用すれば、労力をかけて店舗まで出向いて行って中身をチラ見するといった面倒なことをしなくて済むようになります。こういったことをしなくても、スマホで「試し読み」をすれば中身の下調べが可能だからなのです。
仕事に追われていてアニメを見る時間を確保することができないなんて場合には、無料アニメ動画がおすすめです。テレビ番組みたいに、毎回同じ時間に見るなどということはしなくていいので、好きな時間に視聴できるのです。
「通勤時間に車内で漫画を開くなんて絶対にできない」とおっしゃる方でも、スマホそのものに漫画を保管しておけば、恥ずかしい思いをする必要がなくなるはずです。この点がBookLive「幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~」の素晴らしいところです。
「ある程度中身を知ってからでないと購入に踏み切れない」というようなユーザーにとって、無料漫画というものはメリットの大きいサービスだと言っていいでしょう。運営者側からしても、ユーザー数の増加を望むことができます。
小さい時に読んでいた感慨深い漫画も、BookLive「幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~」として購入することができます。一般の書店では陳列されていないタイトルもたくさん見られるのが利点だと言っても良いでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ