BookLive「ブックライブ」のオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]無料試し読みコーナー


アンティークウオッチの傑作ムーヴメントがわかる!全4回シリーズ。1960年代以前に作られたアンティークの機械式腕時計。その心臓部である機械式ムーヴメントは、緻密でメーカーごとの独自性がはっきりとわかることから、愛好家が最も重用視する部分です。本書は、1900年代初頭から腕時計用としてスイスを中心に作られた機械(ムーヴメント)を、メーカーごとに、そのヒストリーや特徴、そして歴代キャリバー(型式番号)の系譜を簡潔にまとめ、時計専門誌「パワーウオッチ」に掲載された32ページの特集(第4回ロレックス編のみ16ページ)をデジタルBOOK化したものです。第1回「マニュファクチュール編」は、れっきとしたウオッチブランドながらムーヴメントも自社開発する実力メーカー、パテック フィリップ、ロンジン、IWCなどを紹介します。第2回「インディペンデント&デファクト系メーカー編」は、第1回で取り上げたメーカーほどではないものの、当時は自社でムーヴメントを開発し、自社ブランドの時計も展開していた独立系メーカー、モバードやユニバーサルなどです。第3回「エボーシュSA編」は、時計メーカーに供給する、いわゆる汎用ムーヴメントを製造していたムーヴメントメーカーです。そのなかでも歴史に名だたるメーカーが参加していた団体「エボーシュSA」の各メーカーにスポットライトを当てました。クロノグラフの傑作バルジューやヴィーナスなど。そして第4回は、言わずと知れた自動巻きムーヴメントの雄「ロレックス編」です。自動巻きのベースとなった手巻き式ムーヴメントからバブルバックに搭載された世界初の全回転ローター式ムーヴメント、そしてロレックス躍進の原動力となったCal.1000系、Cal.1500系自動巻きムーヴメントまでを紹介します。
続きはコチラ



オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]「公式」はコチラから



オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]


>>>オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を取り揃えています。オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]は1296円で購入することができて、オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を勧める理由


不要なものは捨て去るという考え方がたくさんの人に浸透してきたと言える今現在、本も書冊として保管せず、BookLive「オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]」を使用して読む人が拡大しています。
コミックサイトは山ほどあります。それらのサイトをしっかり比較して、自分に合っているものをセレクトすることが重要です。そうすれば失敗するということがなくなります。
手持ち無沙汰を解消するのに適したサイトとして、人気が出ているのがBookLive「オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]」なのです。お店に出かけて漫画を買う必要はなく、スマホでサイトから購入すれば読めてしまうという所が便利な点です。
漫画雑誌と言うと、「若者向けに作られたもの」という印象を持っているのではありませんか?けれども近頃のBookLive「オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]」には、50代以降の方でも「10代の頃を思い出す」と口にされるような作品も複数あります。
スマホを持っている人は、BookLive「オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]」を時間に関係なく楽しめるのです。ベッドで横になりながら、目が重くなるまでのリラックスタイムに閲覧するという人がかなり多いと聞いております。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ