BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.11無料試し読みコーナー


今号の大特集は、ずばり「自動巻き大研究」です。現代における機械式腕時計の標準ともなっている自動巻き機構。しかし本当に普及したのは、この半世紀のことに過ぎません。1777年に生まれたとされる自動巻き機構が、どのような経緯を経ていまに至ったのか。その大まかな歴史を振り返っていくとともに、主要なメカニズムについて徹底解説しています。さらに時計メーカー各社では、どういった設計思想を背景に自動巻き機構を完成させていったのか。各社における自動巻き機構の展開と、いま購入するならば、どの機種が良いのかなどの購入ポイントも交えて紹介。計40Pの大ボリュームでお届けします。また、今回で3回目となるミリタリーウオッチ特集では、現存数が少なく、その希少性でも人気を博す「ドイツ軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.06「ヴァシュロン・コンスタンタン」やDr.川瀬のメンテナンス道「30mmキャリバー」などの連載企画も必見です。さらに今回から、新たに三つの連載コラムがスタート。『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」。POWER Watchのコラム連載でもおなじみの菅野たけし氏による「ウオッチトレンドを考える。」、そして業界関係者が熱い視線を送る海外ショップ情報といった、愛好家も見逃し厳禁な充実した内容となっています。
続きはコチラ



LowBEAT No.11無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.11「公式」はコチラから



LowBEAT No.11


>>>LowBEAT No.11の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.11の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.11を取り揃えています。LowBEAT No.11BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとLowBEAT No.11は1890円で購入することができて、LowBEAT No.11を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでLowBEAT No.11を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.11を勧める理由


「手持ちの漫画が増え過ぎて置き場所が確保できないから、買うのを躊躇ってしまう」とならずに済むのが、BookLive「LowBEAT No.11」を一押しする要因です。たくさん購入しても、置き場所を考えなくても大丈夫です。
「定期的に発刊されている連載漫画を楽しみにしている」という方には必要のないサービスです。されど単行本になるまで待ってから読むという利用者にとっては、購入に先立って無料漫画で内容をリサーチできるというのは、本当にありがたいことだと言えます。
スマホ経由で電子書籍をゲットすれば、電車での移動中や休憩時間など、場所を選ばずにエンジョイできます。立ち読みもできるシステムとなっていますから、本屋まで出かけることなど必要ありません。
コミックの売り上げは、残念ながら少なくなっている状態なのです。既存の販売戦略に捉われず、いつでも読める無料漫画などを市場投入することで、新規顧客数の増大を企てています。
顧客数が急激に増えてきたのが、若い人に人気のBookLive「LowBEAT No.11」です。スマホに漫画を表示させることができますから、場所をとる書籍を携帯することも不要で、出かける時の荷物を減らすことができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ