BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.10無料試し読みコーナー


今号は、発刊5周年を記念して32ページの増ページでお届けする特大号です。巻頭ではその記念企画として「毎日使えるアンティーク時計」をテーマに、読者や本誌に登場してくれた、あるいは連載コラムを担当するアンティーク愛好家。そして時計ジャーナリスト兼時計専門誌クロノス編集長の広田雅将氏ほか業界の専門家など、いつもロービートを支えてくれているみなさんが選んだムーヴメント25機を紹介。なぜ支持されるのか、その理由を購入ポイントなども交えながら解説します。まさにビギナーも必見です。また、本誌初企画となるスポーツ系ロレックスの記事「1500系キャリバー搭載 サブマリーナ」は、自動巻きムーヴメントの傑作といわれるCal.1530から始まる1500系のムーヴメントを搭載した1960年代のサブマリーナに焦点を当てた特集。1500系はなぜ傑作と言われるのか。そして、当時販売されていた3種類のサブマリーナについてもその違いや特徴、歴史的経緯などを詳細に解説します。前号から続くミリタリーウオッチの中特集、2回目はいまでも使える軍用時計として最も有名な「イギリス軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.05「モバード」やDr.川瀬のメンテナンス道「ブレスレット」などの連載企画も必見です。
続きはコチラ



LowBEAT No.10無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.10「公式」はコチラから



LowBEAT No.10


>>>LowBEAT No.10の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.10の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.10を取り揃えています。LowBEAT No.10BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとLowBEAT No.10は1890円で購入することができて、LowBEAT No.10を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでLowBEAT No.10を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.10を勧める理由


電子書籍は買いやすく、気付くと利用代金がすごい金額になっているという目にあうことがあります。ところが読み放題でしたら月額料が固定なので、どれだけDLしたところで支払が高額になるなんてことはないのです。
どんな物語かが把握できないままに、表紙のイラストだけで読むべきか決断するのは難易度が高いです。誰でも試し読みができるBookLive「LowBEAT No.10」であれば、ある程度内容を知ってから購入の判断が下せます。
移動中の何もしていない時などの空き時間を有効に使って、無料漫画を試し読みして興味がそそられた本を探し出してさえおけば、後日時間的に融通が利くときに購入手続きを経て続きを楽しむこともできるのです。
実は無料アニメ動画などは、スマホでも見ることが可能です。最近の傾向としては子供だけではなく大人のアニメマニアも増加する傾向にありますから、今後以前にも増して進展していくサービスだと考えられます。
「出版されているすべての漫画が読み放題だとしたら、こんなに良い事はない!」という利用者目線の発想からヒントを得て、「月に決まった額を払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」という形の電子書籍が登場したのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ