BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.6無料試し読みコーナー


今号のメイン特集は5号に引き続き「クロノグラフ大全」の第2章です。第1章はそもそもクロノグラフウオッチとはどのようなものなのかをテーマに、歴史を軸に全体を俯瞰(ふかん)した内容でお届けしましたが、第2章ではクロノグラフ機構のメカニズムに焦点を置き、制御・伝達の仕組みや、メーカーによる違いなど図版を交えながらわかりやすく解説しています。なかでも、かつてロレックスのデイトナにも採用され、手巻きクロノグラフムーヴメントの名機として知られるバルジュー社のCal.72を実際に分解し、その仕組みを紹介するページはアンティークファンならずとも必見です。また、今回で3回目を迎える「自分だけの逸品を見つける旅」は、ドイツの東の端に位置する古都「ドレスデン」とドイツ時計産業の聖地でありチェコとの国境沿いにある山あいの町「グラスヒュッテ」を取材しました。第2次世界大戦に敗戦したため旧東ドイツとなったドレスデンとグラスヒュッテ。戦前、戦中はもちろん戦後の国営企業時代の時計など現地のショップで見つけた珍しいアンティークなどを紹介します。他にも、マニュファクチュールブランド アーカイブに代わる新連載企画「アンティーク解体新書 No.001」では、チュードルのサブマリーナを特集。12ページのボリュームに、歴代モデルの変遷を時系列に紹介するなど、資料的価値の高い内容は必見です。そして、今号の「Dr 川瀬のメンテナンス道」は「尾錠・革ベルト」がテーマです。
続きはコチラ



LowBEAT No.6無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.6「公式」はコチラから



LowBEAT No.6


>>>LowBEAT No.6の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.6の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.6を取り揃えています。LowBEAT No.6BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとLowBEAT No.6は1890円で購入することができて、LowBEAT No.6を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでLowBEAT No.6を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.6を勧める理由


現在連載中の漫画は連載終了分まで購入する必要があるため、先に無料漫画で少しだけ読んでみるという人が多いです。やはり表紙だけみて購入するかどうか決めるのは敷居が高いのでしょう。
BookLive「LowBEAT No.6」が中高年の方たちに受けが良いのは、中高生だったころに読みふけった漫画を、再び手軽に味わえるからに違いありません。
書籍をいっぱい読むという読書大好き人間にとって、次々に買うというのは金銭的にも負担が大きいものだと考えられます。ところが読み放題だったら、書籍購入代金を縮減することができるのです。
「漫画の数があり過ぎて困り果てているから、買うのを辞めてしまう」とならないのがBookLive「LowBEAT No.6」が人気になっている理由なのです。次々に購入しても、収納場所を考えなくても大丈夫です。
ショップでは、展示スペースの関係で取り扱える漫画の数に限界がありますが、BookLive「LowBEAT No.6」だったらこの手の制約がないため、マイナーな漫画もあり、人気を博しているのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ