BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.5無料試し読みコーナー


今号のメイン特集は「クロノグラフ大全」です。クロノグラフとはストップウオッチを装備した腕時計のこと。アンティークウオッチファンの間でもダントツの人気を誇ります。しかしながら、これまで1960年代以前のクロノグラフの全体像をしっかりとまとめた記事や本は、和書ではおそらく存在しておりません。それほど大きなテーマだけに、本誌では今号から第7号まで3号続けてクロノグラ大全をお届けします。今回はその第1章として「クロノグラフとは?」をテーマに歴史に軸をおいた構成です。クロノグラフの歴史と実用機構の進化の系譜をたどった年表や様々な時計の表情をつくる計測スケールの紹介。そして傑作として知られる15機種の手巻きクロノグラフムーヴメントの解説など貴重な資料となり得る充実した内容です。ほかにも最近、その値ごろ感から注目が高まっているロレックスの自動巻き傑作ムーヴメント、1000系、1500系を搭載するデイトジャストを中心としたスタンダードモデルを特集した「ヴィンテージロレをガンガン楽しもう」、ジャガー・ルクルトの「フルカレンダー付きモデル」をクローズアップした連載企画マニファクチュールブランド アーカイブ第5回。そして今号から4ページにパワーアップした川瀬友和氏の連載企画「メンテナンス道」のテーマ「ゼンマイ」など必見企画が目白押しです。
続きはコチラ



LowBEAT No.5無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.5「公式」はコチラから



LowBEAT No.5


>>>LowBEAT No.5の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.5の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.5を取り揃えています。LowBEAT No.5BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとLowBEAT No.5は1890円で購入することができて、LowBEAT No.5を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでLowBEAT No.5を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.5を勧める理由


多くの書店では、販売中の漫画を立ち読みされないようにするために、ビニール包装するケースが増えています。BookLive「LowBEAT No.5」を有効活用すれば冒頭を試し読みができるので、物語を理解してから買うかどうかを判断可能です。
「家じゃなくても漫画を読んでいたい」という漫画愛好家の方に最適なのがBookLive「LowBEAT No.5」だと言っていいでしょう。単行本を運搬することも必要なくなりますし、荷物も減らせます。
なるべく物を持たないというスタンスが様々な人に認知されるようになった最近では、本も書冊として保管せず、BookLive「LowBEAT No.5」を用いて楽しんでいる人が増加しつつあります。
スマホを操作して電子書籍をダウンロードすれば、電車での移動中や休憩時間など、ちょっとした時間に楽しめるのです。立ち読みもできるようになっていますから、店舗まで出向く必要など皆無です。
バスなどで移動している時などの手空きの時間に、さらっと無料漫画を読んで好みの作品を見つけ出しておけば、後ほどたっぷり時間がある時にダウンロードして続きを思いっきり読むこともできちゃいます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ