BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.2無料試し読みコーナー


今号の表紙を飾る時計は、インターナショナル・ウオッチ・カンパニーのMark IX(マーク9)。現物はほとんど目にすることは不可能といわれるほど、とても珍しい幻の逸品です。そして今号の大特集は「自分だけの逸品を見つける旅」。海外のアンティークショップ取材を通して、その土地ならではのアンティークウオッチ事情を紹介しようというものです。第1回目の今回はフランス・パリを取材。パリ近郊にあるアンティークショップ6軒に加えて記事冒頭ではパリ在住で、レストランのシェフ兼オーナーでありながらも、なぜかアンティークウオッチの修理、販売も行うという何ともユニークな日本人、KENJIさんをクローズアップしました。また、この号ではアンティークウオッチビギナー向け企画として「アンダー30万円アンティークのすすめ」を特集。30万円以下の予算で、はたしてどのようなモデルが買えて、おすすめアンティークにはどのようなモノがあるのかなどを紹介しています。一方、ムーヴメントもすべて自社で製造する屈指のマニュファクチュールとして知られたジャガー・ルクルトが、他社に提供していたムーヴメント(エボーシュ)とそれを採用したブランドに焦点を置いたTHE SAME HEARTS「“ルクルト”ベースの名機たち」も時計好きの方には必見の企画です。連載企画マニュファクチュール・アーカイブ 第2回は、インターナショナル・ウオッチ・カンパニーが誇るぺラトン式自動巻き機構搭載ムーヴメントである、キャリバー85系ムーヴメントをフィーチャーしました。
続きはコチラ



LowBEAT No.2無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.2「公式」はコチラから



LowBEAT No.2


>>>LowBEAT No.2の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.2の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.2を取り揃えています。LowBEAT No.2BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとLowBEAT No.2は1890円で購入することができて、LowBEAT No.2を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでLowBEAT No.2を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.2を勧める理由


電子書籍の人気度は、ここ1~2年特に高まりを見せていると言ってもいいでしょう。そうした状況において、利用者が確実に増えているのが読み放題というプランだと教えてもらいました。値段を気にすることなく読むことができるのが嬉しい点です。
スマホで見ることが可能なBookLive「LowBEAT No.2」は、移動する時の荷物を軽減するのに役立ちます。バッグやカバンの中に読もうと思っている本を入れて持ち運ぶなどしなくても、思い立った時にコミックを閲覧することが可能なのです。
不用なものは処分するというスタンスがたくさんの人に受け入れられるようになった今日、本も冊子本という形で所有することなく、BookLive「LowBEAT No.2」を使って耽読する人が拡大しています。
「外でも漫画を読み続けたい」というような漫画好きな方にお誂え向きなのがBookLive「LowBEAT No.2」だと言っていいでしょう。荷物になる書籍を鞄に入れて運ぶこともないので、バッグの中の荷物も減らすことができます。
購読しようかどうか迷うような漫画があれば、BookLive「LowBEAT No.2」のサイトで無償の試し読みをしてみることをおすすめしたいですね。少し見て魅力を感じなければ、購入しなければいいだけの話です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ