BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.1無料試し読みコーナー


機械式腕時計の黄金期ともいわれている1960年代以前の名機に焦点を当て、その魅力を多角的に紹介する業界唯一のアンティークウオッチ専門誌です。その記念すべき第1号のメイン特集は、雑誌のタイトルにもなっている「ロービート」に焦点を当てた「ロービートはやっぱりいいね」。このロービートとは当時の腕時計に搭載されていたムーヴメント(駆動させる機械)の振動数に対して使われている言葉であり、アンティークウオッチの良さはまさに「ロービート」にあると言われるほど、愛好家の間では広く使われるキーワードのひとつです。そこで本特集では、なぜロービートがいいのかを三つの章に分けて紹介しています。第1章では「なぜ、ロービートがいいのか?」を日本のアンティークウオッチ業界を牽引する二人の重鎮、銀座シェルマン代表の磯貝吉秀氏とケアーズ代表の川瀬友和氏にプロの視点からその魅力について語ってもらいました。続く第2章では、そのメカニズムに触れ、そして第3章では、ロービートムーヴメントの最高峰と言われる名機を例に、その素晴らしさを別の角度から紹介しています。この特集以外にも当時主流だった二つのインダイアルを備えたクロノグラフをクローズアップした「2レジスタークロノの世界」や5人の愛好家の自慢の逸品を紹介する「愛好家自慢の逸品時計図鑑」。角型ムーヴメントを搭載した「魅惑のレクタングル」など、アンティークウオッチの素晴らしさを十分堪能できる、見て、そして読んで楽しい一冊です。
続きはコチラ



LowBEAT No.1無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


LowBEAT No.1「公式」はコチラから



LowBEAT No.1


>>>LowBEAT No.1の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.1の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.1を取り揃えています。LowBEAT No.1BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとLowBEAT No.1は1890円で購入することができて、LowBEAT No.1を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでLowBEAT No.1を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.1を勧める理由


登録者数が飛躍的に増えてきているのが評判となっているコミックサイトです。少し前までは「漫画は単行本で買うからいいの!」という人がほとんどでしたが、手軽な電子書籍として買ってエンジョイするという方が増えつつあります。
バッグを持たずに出かけたい男性たちにとって、スマホで無料電子書籍を閲覧することができるというのはとても便利なことです。荷物の量は変わらないのに、ポケット内に入れて書籍を持ち運べるというわけなのです。
「ここに陳列されているすべての漫画が読み放題だとしたら、どれほどにいいだろう」という利用者の発想を反映するべく、「固定料金を払えば個別料金は発生しない」というプランの電子書籍が登場したのです。
「アニメについては、テレビで放送中のものだけ見ている」というのは少し古い話であると言えます。そのわけは、無料アニメ動画をオンラインで楽しむという形が主流になってきているからです。
漫画好きだということを秘匿しておきたいと言う方が、今の時代増加しているらしいです。部屋の中に漫画は置いておくことができないというような方でも、BookLive「LowBEAT No.1」経由なら他人に非公開にして漫画が楽しめます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ