BookLive「ブックライブ」のオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編無料試し読みコーナー


アンティークウオッチの傑作ムーヴメントがわかる!全4回シリーズ。1960年代以前に作られたアンティークの機械式腕時計。その心臓部である機械式ムーヴメントは、緻密でメーカーごとの独自性がはっきりとわかることから、愛好家が最も重用視する部分です。本書は、1900年代初頭から腕時計用としてスイスを中心に作られた機械(ムーヴメント)を、メーカーごとに、そのヒストリーや特徴、そして歴代キャリバー(型式番号)の系譜を簡潔にまとめ、時計専門誌「パワーウオッチ」に掲載された32ページの特集(第4回ロレックス編のみ16ページ)をデジタルBOOK化したものです。第1回「マニュファクチュール編」は、れっきとしたウオッチブランドながらムーヴメントも自社開発する実力メーカー、パテック フィリップ、ロンジン、IWCなどを紹介します。第2回「インディペンデント&デファクト系メーカー編」は、第1回で取り上げたメーカーほどではないものの、当時は自社でムーヴメントを開発し、自社ブランドの時計も展開していた独立系メーカー、モバードやユニバーサルなどです。第3回「エボーシュSA編」は、時計メーカーに供給する、いわゆる汎用ムーヴメントを製造していたムーヴメントメーカーです。そのなかでも歴史に名だたるメーカーが参加していた団体「エボーシュSA」の各メーカーにスポットライトを当てました。クロノグラフの傑作バルジューやヴィーナスなど。そして第4回は、言わずと知れた自動巻きムーヴメントの雄「ロレックス編」です。自動巻きのベースとなった手巻き式ムーヴメントからバブルバックに搭載された世界初の全回転ローター式ムーヴメント、そしてロレックス躍進の原動力となったCal.1000系、Cal.1500系自動巻きムーヴメントまでを紹介します。
続きはコチラ



オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編「公式」はコチラから



オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編


>>>オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を取り揃えています。オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編は432円で購入することができて、オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を勧める理由


頻繁にコミックを読むなら、コミックサイトが重宝するはずです。買うときの決済も非常に簡単ですし、最新巻を買うために、その度に売り場で事前予約を入れる行為も無用です。
一般的な書店では、本棚のスペースの問題で陳列できる漫画の数に制限がありますが、BookLive「オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編」の場合はこういった限りがないため、あまり一般的ではない単行本も取り扱えるというわけです。
「アニメというのは、テレビで視聴可能なもののみ見ている」というのは一昔前の話でしょう。どうしてかと言うと、無料アニメ動画をネット経由で見るというパターンが流行ってきているからです。
限られた時間を大切にしたいのであれば、空き時間を有効に活用することを考えなければなりません。アニメ動画の視聴くらいは通勤中でもできますので、この様な時間を活用するようにしてください。
非常に多くの人が無料アニメ動画を見ているようです。ぼんやりしている時間とか各種交通機関での移動中の時間などに、手間なしでスマホで視聴できるというのは、とてもありがたいことだと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ