1. BookLive! (ブックライブ)は随時新しい無料で読める電子書籍が更新
  2. はじめて「ブックライブ」4|ブックライブ無料読める電子書籍一覧
  3. ブックライブ作品8|ブックライブ無料読める電子書籍一覧
  4. 本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ|ブックライブ無料読める電子書籍一覧

BookLive「ブックライブ」の本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ無料試し読みコーナー


海外のアパレル事業では国によって気候も顧客体型も異なり、日本と同じアイテム・サイズでは売れません。また組織作りや給与体制・商品企画開発から在庫の売り切り業務も違いがあります。本書では台湾進出後、即成果に繋げることができるよう準備の段階で台湾と日本の違いや海外事業の軸となる考え方を解説しています。また第5章「台湾アパレル事業を最短時間で軌道に乗せる8つのノウハウ」では、「組織作り」「優秀な人材の確保」「職場の規則」「商品開発」「商品調達」「販促活動」「店舗運営・管理」「ネット通販」について台湾事業で軌道に乗せるためのノウハウとして主な業務のキーワードをまとめています。【著者プロフィール】著者:新家 章秀1963年兵庫県神戸市出身大学卒業後、株式会社ワールドに入社し日本・台湾・香港のアパレル事業に約30年間携わる。約11年半台湾に出向し約8年間に二社の海外現地法人社長(董事総経理/ Managing Director )を歴任。〔台湾ワールド〔ワールド香港(WORLD HKG CO.,LTD. )4年間兼任〕3ブランド17店舗から11ブランド83店舗まで拡大させ台湾にて日系NO.1のシェアを獲得。現在はアジアコンサルティングス株式会社の代表コーディネーターとして台湾進出支援にて奮闘中。毎月1回コミュニティー活動「台湾ビジネス雑談会」を開催。
続きはコチラ



本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ「公式」はコチラから



本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ


>>>本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウを取り揃えています。本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウは540円で購入することができて、本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウを勧める理由


「どの業者で書籍を買うのか?」というのは、想像以上に重要なことなのです。販売価格やシステム内容なども色々違うので、電子書籍というものは比較して決定しないといけないのです。
本屋では、販売中の漫画の立ち読みを抑止するために、シュリンクをかけることが多いです。BookLive「本気で中国を狙うなら親日の台湾に行け! 海外で勝てるビジネスモデルを台湾でつくる8つのノウハウ」を活用すれば冒頭を試し読みができるので、絵柄や話などを確かめてから買うかどうかを判断可能です。
コミックサイトの最大の特長は、扱っている本の数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと思います。売れずに返品扱いになるリスクがない分、多種多様なタイトルを取り扱えるわけです。
購入前に試し読みをして漫画のイラストとか話をチェックした上で、心配などせずに買えるのが、Web漫画として人気のサイトの利点と言っても良いでしょう。買い求める前に物語を把握できるので失敗を気にすることはありません。
現在進行形で連載されている漫画は複数冊をまとめて買うことになるので、まず最初に無料漫画で試しに読んでみるという人が目立ちます。やはり情報が少ない状態で漫画を購入するというのはなかなか難易度が高いのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ