BookLive「ブックライブ」のフィクションノート無料試し読みコーナー


三十歳になっても未だ独身の大池織子は、生きがいや夢を持たず退屈な毎日を送っていた。小さい頃にもっと遊びたかった、もっと勉強したかった。そんな思いを抱えたまま家に帰り、ふと小さなころに父に貰った自由帳を思い出した。そのノートは、「夢や願いを書き、二十年後に開くと願いが叶う」というものらしい。半信半疑のまま、自由帳を開いた織子は、自ら小さい頃に願った夢の世界に入ってしまう。
続きはコチラ



フィクションノート無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


フィクションノート「公式」はコチラから



フィクションノート


>>>フィクションノートの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)フィクションノートの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はフィクションノートを取り揃えています。フィクションノートBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとフィクションノートは216円で購入することができて、フィクションノートを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでフィクションノートを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)フィクションノートを勧める理由


読み放題というシステムは、電子書籍業界からすればそれこそ革新的とも言える挑戦になるのです。買う方にとっても著者サイドにとっても、利点が多いということで、早くも大人気です。
無料コミックは、スマホやタブレットで読めます。出先、会社の休み時間、医療機関などでの受診までの時間など、暇な時間に簡単に読めます。
「乗車中に漫画本を開くのは気が引ける」、そういった方でもスマホの中に漫画をDLすれば、羞恥心を感じる必要が皆無になります。ずばり、これがBookLive「フィクションノート」のイイところです。
日頃から本をたくさん読むという人からしますと、固定の月額料金を支払うだけで飽きるまで読み放題という形でエンジョイできるという仕組みは、それこそ革命的だと評価できるのではないでしょうか?
誰でも読める無料漫画を読むことができるようにすることで、サイト訪問者を増やしそこから販売につなげるのが事業者側の目標ですが、一方の利用者側も試し読みをしてから購入の判断を下せるのでメリットがあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ