1. BookLive! (ブックライブ)は随時新しい無料で読める電子書籍が更新
  2. はじめて「ブックライブ」4|ブックライブ無料読める電子書籍一覧
  3. ブックライブ作品8|ブックライブ無料読める電子書籍一覧
  4. 「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法|ブックライブ無料読める電子書籍一覧

BookLive「ブックライブ」の「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法無料試し読みコーナー


エリートサラリーマンから一転、左遷、降格、減給、パワハラ。逃げ場を失って転職した先は3ケ月で倒産。そんなジェットコースター人生の先に見つけたフロンティアは、自由で自分らしく責任をもって自分サイズのしあわせをつくる働き方「自分サイズ起業」だった。自らの実体験と門下生150人の成功失敗談をベースに身の丈ビジネスのつくり方を指南。「このままでは良くない、でも何からはじめたらいいの?」そんな将来の不安にモヤモヤした毎日を送るサラリーマン、OL、主婦に気軽な気持ちで読んでもらいたい一冊。【こんな人にオススメ】30代、40代、50代で、漠然と起業のことを考えているけどモヤモヤして、最初の一歩の踏み出し方がわからない人、ビジネスアイディアも何も決まってないけど、このままでは良くないと思っている人【著者プロフィール】1964年広島市出身。香川大学卒業後、日立系家電販売会社に入社。現場から幹部候補生に昇りつめるも、公式の場でのCEOへの直言が原因で、左遷、減給、降格。あげくは上司による1年間のパワハラで自殺志向のどん底へ。22年の一社サラリーマン生活からベンチャー企業へ創業メンバーとして転じるもわずか3ケ月で倒産、失業。中小零細を経て46歳で独立。自身の失敗経験をベースに、起業へ向け何をしたらいいかわからない人と向き合う天職デザイナーに。「ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校」天職塾フリーエージェントアカデミーを創設、30人強の起業家を輩出。現在は150人強の門下生のサポートに日夜奔放している。
続きはコチラ



「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法「公式」はコチラから



「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法


>>>「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法を取り揃えています。「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法は583円で購入することができて、「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法を勧める理由


仕事が忙しくてアニメを見る暇がないという方にとっては、無料アニメ動画がピッタリです。テレビ放送のように、毎週定時に視聴する必要がないので、空いている時間に見られます。
1巻ずつ書店まで行って買うのは時間がかかりすぎます。そうは言っても、一気買いは内容がイマイチだったときの心理的ダメージが大きすぎます。BookLive「「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法」なら1冊ずつ購入できて、その辺の心配が不要です。
「通勤時間に車内で漫画を読むなんて考えたこともない」、そんな人でもスマホの中に漫画をダウンロードすれば、人のことを考える必要はなくなります。このことがBookLive「「モヤモヤ」を「ワクワク」に変えて、ゼロから自分サイズの身の丈ビジネスをつくる方法」のイイところです。
必ず電子書籍で購入するという方があきらかに増えてきています。カバンなどに入れて持ち運ぶ必要もありませんし、収納スペースも必要ないという特長があるからです。その上、無料コミックもあるので、試し読みも楽勝でできます。
「どの業者で書籍を入手するか?」というのは、想像以上に大事なポイントになると考えます。販売価格や利用の仕方などに違いがあるので、電子書籍というのは比較しないといけないのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ