BookLive「ブックライブ」の司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>無料試し読みコーナー


※本電子書籍は全てのページが固定レイアウトになっております。マーク、メモ、文字列の検索・引用などの機能があるビュアーであっても使用できません。※ご購入前に、試し読みがある場合は表示状態・画像解像度・機能等についてご確認ください。※紙書籍とは一部異なる仕様となっております。あらかじめご了承ください。1.予備試験で出題が予想される、条文解釈上の基本論点を含む論文式問題を厳選し、掲載。2.「思考のプロセス」により、答案作成に必要な思考過程を紹介。論点間の軽重・関連性もチェックできる。3.参考答案は、論点間のバランスに配慮し掲載。また、側注では論点名も明記。4.「論点解説」では、なぜ本論点が問題となるのかを明示。また、学説・判例を解説。5.「オプション問題」と付属の「学習のポイント」「論点一覧」で、学ぶべき点や出題の意図を紹介。当該分野を網羅的に習得できる。6.平成26年改正会社法に対応した最新版。「参考答案」・「論点解説」もさらに充実。7.全50問であらゆる出題パターンに対応できる能力を養成。「参考答案」を読み込むことで、合格レベルの答案を具体的にイメージできる。平成26年6月27日、制定以来最大の改正となる改正会社法が公布され、平成27年5月1日、同法が施行されました。そして、平成28年予備試験論文式試験(商法)において、改正法で新たに設けられた合併の差止請求(784の2)についての基本的な知識・理解等を問う問題が正面から出題されるに至りました。そこで、平成26年改正会社法に対応した本書を刊行することに致しました。本書をご活用していただくことにより、今後、平成26年改正会社法に関する知識・理解等を問う問題が出題されても、難なく合格答案を作成できる能力が身に付くものと自負しております。また、予備試験が平成23年に初めて実施されてからすでに5年以上経過しました。そこで、本書は、予備試験の論文式試験への対策をさらに万全なものにしていただくべく、過去に実施された平成23年から平成28年までの予備試験の論文式試験(商法)を、出題趣旨及び参考答案とともに巻末に収録することと致しました。ISBN:97848449419962017年11月10日第2版発行を電子化※本作品は2017年10月26日まで配信されていた同名作品の第2版です。
続きはコチラ



司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>「公式」はコチラから



司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>


>>>司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を取り揃えています。司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>は4099円で購入することができて、司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を勧める理由


ミニマリストという考え方が世間に広まってきた今の時代、漫画も書冊として所持することなく、BookLive「司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>」を使用して耽読する人が拡大しています。
CDを聞いてから買い求めるように、漫画も試し読み後に購入するのが当たり前のことのようになってきました。無料コミックサイトを利用して、読みたいと思っていた漫画をサーチしてみてもいいでしょう。
BookLive「司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>」のサイトによりいろいろですが、1巻全部のページを0円で試し読みできるというところも見られます。1巻は無料にして、「エンジョイできたら、続きをお金を払って購入してください」という営業方法です。
「スマホなんかの画面では楽しめないのでは?」と懸念する人もいるようですが、実体験でBookLive「司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>」を買ってスマホで閲覧すれば、その便利さに驚くでしょう。
「比較することなく選んでしまった」といった方は、無料電子書籍はどこも内容が同じという認識なのかもしれませんが、サービスの詳細については会社によって違いますから、比較&検討することは非常に大事だと断言します。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ