BookLive「ブックライブ」のたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~無料試し読みコーナー


【この本を読んでほしい人】◎EAの自作はできたものの“使える”システムにならない人◎人マネではない独自のEAを作りたい人◎まだ日本に上陸していない海外のインディケータをEAにしたい人◎EA改造のヒントやアイデアがほしい人◎検証の幅を広げたい人雑誌などでよく目にするテクニカル指標の売買サイン(RSIの30を割ったら買って、70を超えたら売るなど)。それが本当に機能するかどうかを試したことがありますか。結論から言うと、とても残念な結果になります。その要因はどこにあるのでしょうか。ひとことで表現してしまえば、「(他人の言うことを)受け売りしているかどうか」につきます。先ほどのRSIの例で言うならば、“何も考えずに”そのまま売買サインを試してみても駄目だ、ということです。何時から何時までの間に限定して売買サインを使うとか、ほかの情報(FXで言うなら通貨、株式取引で言うなら先物など)を見ながらエントリータイミングを探るといったように、「何らかの条件を足していかなければ“負”の引力に引きずりこまれてしまう」のです。本書『たすFX』は、負の引力に打ち勝つためにどうすればよいのかを解説したものです。具体的には、何らかのアイデア(=条件)を売買サインに足していくこと、つまり“受け売りではない独自のトレード”を実現するためにどうすればよいのかを紹介しています。主に以下の内容になっています。どういう条件を足していけばよいのか、実際の検証結果から皆様のトレードのヒントになりそうなものを選んで紹介 自分のアイデアが通用しそうかどうかを、実戦前に試す(=アイカスタムで表現する)方法を紹介 本書ではメタトレーダーを使って検証していますが、アイデア自体はFXだけではなく、株式や先物などでも使えるものです。 「足し算の発想」をするだけで世界が広がることをぜひ実感してください。そして、自分流にカスタマイズして(=自分のアイデアにして)、あなただけの売買システムを作ってみてください。
続きはコチラ



たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~「公式」はコチラから



たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~


>>>たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~を取り揃えています。たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~は1620円で購入することができて、たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~を勧める理由


ここのところスマホを通じて遊ぶことができるコンテンツも、一層多様化が進んでいると言っていいでしょう。無料アニメ動画の他、無料電子書籍やすぐ遊べるスマホゲームなど、多数の選択肢の中からチョイスできます。
スマホを介して読む電子書籍は、ご存知かと思いますがフォントサイズを視力に合わせることが可能なため、老眼で見えにくいおじいさん・おばあさんでも問題なく楽しめるという長所があると言えます。
購入について悩むような作品があるようなら、BookLive「たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~」のサイトで料金不要の試し読みを有効利用する方が良いと言えます。読める分を見て続きが気にならないと思ったら、買わなければ良いという話です。
「比較検討しないで選定した」と言う人からすれば、無料電子書籍はどこも変わりがないという認識でいるのかもしれないですが、サービス内容に関しましては会社によって異なりますので、比較検証してみることは肝要だと言えます。
読み放題という仕組みは、電子書籍業界にとりましては正しく先進的な取り組みなのです。利用する方にとっても著者サイドにとっても、良い面が多いと高く評価されています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ