BookLive「ブックライブ」の還らざる道無料試し読みコーナー


愛知・岐阜県境の奥矢作湖(おくやはぎこ)に他殺体が浮かんだ。身元はインテリア会社会長と判明。彼は奥三河(おくみかわ)の歴史の街・足助(あすけ)の「観光カリスマ」として知られる人物の新聞記事を持っていた。事件を知った浅見光彦は調査を開始、最後の旅に出るという手紙を被害者が残していたことを掴む。二度と帰らない覚悟でどこへ向かったのか。新聞記事は何を意味するのか? やがて封印された過去が蘇るとき、もう一つの事件が浮上した……。
続きはコチラ



還らざる道無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


還らざる道「公式」はコチラから



還らざる道


>>>還らざる道の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)還らざる道の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は還らざる道を取り揃えています。還らざる道BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると還らざる道は540円で購入することができて、還らざる道を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで還らざる道を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)還らざる道を勧める理由


「通勤時間に車内でカバンから漫画を出すなんて考えられない」と言われる方でも、スマホに直で漫画を入れることができれば、羞恥心を感じる必要はなくなります。これこそがBookLive「還らざる道」の素晴らしいところです。
漫画雑誌と言えば、「10代を対象にしたもの」というふうに思い込んでいるのではないでしょうか?ですがここ最近のBookLive「還らざる道」には、40代以降の方が「青春を思いだす」と口にされるような作品もたくさんあります。
スマホを操作して電子書籍を入手すれば、バスや電車での通勤中や休憩中など、いつでもどこでも楽しめます。立ち読みもできてしまうので、本屋まで出かけることは不要なのです。
BookLive「還らざる道」を拡散する為の販促法として、試し読みが可能という取り組みは画期的なアイデアではないかと思います。時間に縛られず書籍の内容を閲覧することができるので、ちょっとした時間を使って漫画をチョイスできます。
「どの業者で本を買い求めるか?」というのは、非常に大切なことだと考えます。販売価格や使い勝手などにそれぞれ特徴があるので、電子書籍と申しますのは比較しないとなりません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ