BookLive「ブックライブ」のゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1無料試し読みコーナー


有名タイトルを次々と送り出してきたゲーム会社・スクウェア。現在は最大のライバル・エニックスと合併し、巨大なカンパニーとなっているが、その前身はどんな会社だったのか? そのルーツをたどる総力特集。〈主な内容〉●スクウェア創業の歩み●PC時代のスクウェアゲーム●スクウェア人気シリーズ名鑑●独特すぎる河津ゲー特集●スクウェア開発子会社の秘密●スクウェア特殊ゲー大全●スクウェア黒歴史●スクウェア名物社長列伝※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・ゲームラボ2016年12月号一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続きはコチラ



ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1「公式」はコチラから



ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1


>>>ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1を取り揃えています。ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1は216円で購入することができて、ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1を勧める理由


ネットにある本の通販サイトでは、総じてタイトルなどに加えて、ざっくりとしたあらすじしか確認不可能です。でもBookLive「ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1」サイトであれば、2~3ページくらいは試し読みで確認できます。
電子書籍も普通の書籍なんかと一緒で情報が商品なので、つまらないと感じても返品することは不可能となっています。よって楽しそうかをチェックするためにも、無料漫画を読むようにした方が良いと思います。
お店では、スペース上の問題で取り扱える漫画の数に限界がありますが、BookLive「ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1」ならそういう問題が発生しないため、今はあまり取り扱われない単行本も取り扱えるというわけです。
BookLive「ゲームメーカー(裏)報告書 Vol.1」のサイトによって異なりますが、1巻全てのページをフリーで試し読みできるというところも存在します。1巻を読んで、「これは面白いと感じたら、2巻以降の巻を有料にて入手してください」という仕組みです。
老眼のせいで、近場の文字がぼや~っとしか見えなくなってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホ上で電子書籍を読むことができるようになったというのは、本当に画期的なことなのです。文字の大きさを調節して読みやすくできるからです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ