BookLive「ブックライブ」のとっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版無料試し読みコーナー


★ 歩いて楽しむ南紀の旅!★ 「神の宿る霊地」として2000年の歴史を有する、聖地が点在する「熊野三山エリア」を徹底ガイド。★ 見どころや「無理なく歩けるコース」を詳述するほか、「四季折々の名所やお祭り情報、豆知識」も豊富に紹介!!◆◇◆ 本書について ◆◇◆世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の対象は、熊野信仰の中心地である熊野三山、修験道の拠点である吉野・大峯、真言密教の根本道場の高野山の三霊場です。そして、熊野三山や霊場を結ぶ、参詣道である熊野古道が世界遺産を構成する要素となりました。本書では、「紀伊山地の霊場と参詣道」のなかから、熊野古道22コースを厳選して紹介、さらに、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社・青岸渡寺、熊野古道伊勢路の伊勢神宮、紀伊路の紀三井寺などの社寺と、各コースの周辺にある温泉や宿、食事どころなどを掲載しています。本書で取り上げました熊野古道歩きのコースは、都から上皇や貴族が熊野を目指した「中辺路」から7コース、伊勢神宮に詣でてから熊野を目指した「伊勢路」から4コース、紀伊半島の西南海岸を歩く「大辺地」から5コース、大阪から紀伊田辺までの「紀伊路」から3コース、高野山から熊野を目指す「小辺路」から3コース(修験道の道として大峯奥駈道1コース)を厳選しています。熊野古道は、標高1000メートル以上の難路を歩く道もありますが、本書では登山経験がない普通の人たちが歩ける道を中心に取り上げています。しかし、なかには6時間を要するコースや距離が短くても峠越えや石畳、階段の上り下りがきついコースもありますから、自分の体力に合ったコースを選択して下さい。どのコースも公共交通機関の利用を前提にし、駅やバス停を起点、終点としています。本書の特色として、各参詣路と各コースの起点、終点へのアクセス情報をできる限り詳しく紹介してあります。各参詣路の「扉ページ」と各コースの「アクセス」を参照にして、熊野古道歩きのプランをたてて下さい。本書を縁に多くの人が熊野古道に訪れることを願っています。※ 本書は2013年発行の『とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」歩いて楽しむ南紀の旅』の改訂版です。
続きはコチラ



とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版「公式」はコチラから



とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版


>>>とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はとっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版を取り揃えています。とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするととっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版は1674円で購入することができて、とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでとっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版を勧める理由


多岐にわたる書籍を読み漁りたいという読書マニアにとって、あれこれ購入するのは金銭面での負担が大きいものだと思います。だけども読み放題というプランなら、書籍代を削減することが可能です。
わざと無料漫画を並べることで、利用者数を増やし利益増に繋げるのが販売会社にとっても目論みだと言えますが、一方の利用者にとっても試し読みが出来るので助かります。
電子書籍を買うというのは、ネットを介して情報を取得するということを意味するのです。サービス提供企業が倒産してしまったということがあると利用することができなくなるので、念入りに比較してから信用度の高いサイトを選びましょう。
BookLive「とっておきの聖地巡礼 世界遺産「熊野古道」 歩いて楽しむ南紀の旅 改訂版」を拡散する為の販促法として、試し読みが可能というシステムはすごいアイデアだと思います。いつでもストーリーを閲覧できるので、自由な時間を上手に利用して漫画選定ができます。
ほぼ毎日新作が登場するので、毎日読もうとも読む漫画がなくなる心配など全く不要というのがコミックサイトの売りです。書店では販売されないちょっと前のタイトルも買うことができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ