BookLive「ブックライブ」の10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80無料試し読みコーナー


★ おうちで、朝読で。★ 人生を豊かにする言葉に出会う一冊!!★ やさしい訳と解説でスラスラ読める!★ いま見直されている「論語」「菜根譚」「君主論」など世界各地で人々を導き、支えた、先人の言葉は、時代を超えて心にひびく名言の宝庫!★ 難しそうだと思っていたけれど、役に立つヒントがたくさんありそう!★ 「言葉のチカラ」を再発見しよう!★ 今の時代に知っておきたい!知恵が詰まった教えと名言。◆◇◆ 本書について ◆◇◆クリスマスは好きですか?プレゼントがもらえるから好き。では、お正月に初もうでに行くかな?おせち料理を食べたあとで出かける。実はクリスマスはキリスト教の行事だし、初もうでは日本の神道や仏教の習慣。日本人はいろいろな国の宗教のよいところを活かす名人。そもそも、宗教とは、神様や仏様を信じて、その教えに従った生活をすること。日本には仏教徒が多いといわれているが、世界を見渡すとキリスト教、イスラム教、ヒンドゥ教、ユダヤ教などたくさんの宗教がある。また、中国には、神様ではなく、例えば孔子が考えた儒教などのように人間の先生(マスター)が考え出した宗教もある。仏教にしても、日本だけでなく、タイや東南アジアや東アジアなどにも広がっているし、なかにはある国や地域で信仰されている民族宗教というものもある。宗教によっては、生活をきびしく制限するルールがあるものもあるけれど、どの宗教も人が幸せに暮らすためや、仲良くするため、そして他人にやさしくするための知恵を教えてくれている。宗教から生まれた名言もたくさんある。毎日の生活に役立つ「マスターたちの教え」をぜひ学んでください。◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆☆ 第1章 聖書・聖典の教え(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)☆ 第2章 仏教の教え☆ 第3章 中国の思想家たちの教え☆ 第4章 哲学者たちの教え☆ 第5章 その他のマスターの教え◆◇◆ 著者からのコメント ◆◇◆昔の思想家や哲学者と呼ばれる人たちは、「人間はどう生きるか?」などを真剣に考えて、それを「教え」として残してくれました。一見、むずかしく感じるかもしれません。でも、そうした「教え」は、問題に直面したときや悩んでしまったとき、解決のヒントになります。この本で紹介している「教え」が、1つでもあなたの悩みを解消するお手伝いになれば嬉しいです。教えマスター 西沢 泰生(にしざわ やすお)
続きはコチラ



10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80「公式」はコチラから



10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80


>>>10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80を取り揃えています。10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80は1436円で購入することができて、10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80を勧める理由


購入したあとで、「前評判よりもつまらなく感じた」ということがあっても、書籍は返せないのです。けれども電子書籍なら最初に試し読みができるので、それらを予防することができます。
移動している間も漫画をエンジョイしたいと思っている方にとって、BookLive「10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80」ぐらいありがたいものはないと言っていいでしょう。スマホを持っているだけで、手間をかけずに漫画の世界に入れます。
話題のアニメ動画は若者だけが楽しむものだと考えるのは誤りです。中高年が見ても面白いと感じる構成で、人の心を豊かにするメッセージ性を秘めたアニメも増えています。
「小さな画面では見づらいということはないのか?」と言われる人も見られますが、現実にBookLive「10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80」をダウンロードしスマホで読んでみれば、その使いやすさにビックリする人がほとんどです。
「どのサイトで本を買い求めるか?」というのは、非常に大切なことだと考えます。値段とかシステムなどにそれぞれ特徴があるので、電子書籍というのはあれこれ比較して判断しなければならないと断言します。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ