BookLive「ブックライブ」のIonicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応無料試し読みコーナー


Webサイトがつくれれば、モバイルアプリをつくることができる時代がやってきました。本書では、HTMLでモバイルアプリをつくるフレームワーク「Ionic」の紹介と、チュートリアルで作り方を解説しています。Ionicの最大の特徴は、UIデザインの良さです。海外には多くのユーザがいますが、その多くは「UIデザインがいいからIonicにした」と答えています。GitHub(ionic-team/ionic-conference-app)にデモがありますので、ぜひ、モバイル端末からアクセスしてみてください。アプリ制作は「難しい」「HTML/Swift/Javaをそれぞれ覚えていられない! 」と敬遠されがちです。けれどIonicを使うと、Webサイトを作る感覚でHTML5を書いていけば、Web/iPhone/Androidアプリを同時に作ることができます。著者は昨年までWeb制作しかしたことはありませんでしたが、Ionicを使い始めたことで、Web/iPhone/Androidアプリを制作して、最近では継続的な収益を作り出すことができました。HTML5ひとつで、Web/iPhone/Androidアプリを更新できるので、ひとりでも継続的に新機能のリリースをしています。仮説検証サイクルを小さく回したいアプリ制作者はもちろんのこと、普段からHTMLをさわっているWeb制作者も一度お試しください。筆者のまわりには、Ionicを利用してアプリをリリースしたWebデザイナー(jQueryを多少さわれる人)もいます!■対応バージョンionic-angular 3.9.2ionic-cil 3.19.0■レビュアー桑原聖仁/高岡大介/尾上洋介/神野春奈/平野正樹※電子書籍版は2色刷りのデータになります
続きはコチラ



Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応「公式」はコチラから



Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応


>>>Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はIonicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応を取り揃えています。Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとIonicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応は3518円で購入することができて、Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでIonicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応を勧める理由


BookLive「Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応」で漫画を手に入れれば、自分の部屋に本を置く場所を工面する心配は不要です。最新刊が発売になってもお店に向かう必要も無くなります。こうした特長から、サイトを利用する人が増加しつつあるのです。
「電車の中でも漫画を読んでいたい」とおっしゃる方に重宝される事請け合いなのがBookLive「Ionicで作る モバイルアプリ制作入門 Web/iPhone/Android対応」だと言えるでしょう。かさばる漫画を持って歩く必要がなくなるため、鞄の中身も軽くなります。
「アニメに関しましては、テレビで見れるものだけ見る」というのは前時代的な話ではないでしょうか?どうしてかと言いますと、無料アニメ動画をネットで楽しむというスタイルが増えてきているからです。
コミックサイトの一番のウリは、取り揃えている漫画の数が普通の本屋より多いということだと言っていいでしょう。在庫を抱える心配がないので、多岐に亘るタイトルを揃えられるわけです。
「すべての本が読み放題であったらどんなに良いだろうね」という漫画マニアの発想を反映するべく、「固定料金を支払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」という形式の電子書籍が登場したのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ