BookLive「ブックライブ」の消えたゲームメーカー調査報告書無料試し読みコーナー


浮き沈みの激しいゲーム業界。特に印象的な16メーカー(ハドソン、アトラス、ゲームリパブリック、フライト・プラン、セタ、コンパイル、ヒューマン、ワープ、データイースト、日本テレネット、SNK、シング、アローマ、Jフォース、カネコ、スマイルソフト)の沈没に迫る!〈主な内容〉●実録! 元社員が集結したハドソン最後の夜●消えたメーカーにまつわるキーワード5●異業種からの参入メーカーたち●メーカー倒産顛末FILE●大手メーカー独立組の今※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・2012年4月号(P177-192)一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続きはコチラ



消えたゲームメーカー調査報告書無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


消えたゲームメーカー調査報告書「公式」はコチラから



消えたゲームメーカー調査報告書


>>>消えたゲームメーカー調査報告書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)消えたゲームメーカー調査報告書の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は消えたゲームメーカー調査報告書を取り揃えています。消えたゲームメーカー調査報告書BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると消えたゲームメーカー調査報告書は216円で購入することができて、消えたゲームメーカー調査報告書を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで消えたゲームメーカー調査報告書を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)消えたゲームメーカー調査報告書を勧める理由


常に持ち歩くスマホに漫画を丸々収めれば、収納場所について気に掛ける必要が皆無になります。善は急げということで、無料コミックから挑戦してみた方が良いと思います。
月額の利用料が固定のサイト、登録の要らないサイト、1巻ごとに購入するサイト、タダで読めるタイトルが豊富にラインナップされているサイトなど、コミックサイトも何やかやと違いがありますから、比較していただきたいですね。
スマホを使えば、BookLive「消えたゲームメーカー調査報告書」を簡単に読むことができます。ベッドに横たわりながら、寝入るまでのリラックスタイムに満喫するという人がかなり多いと聞いております。
常日頃から頻繁に漫画を買うとおっしゃる方にとりましては、月額固定料金を支払えば何冊だって読み放題で楽しめるという利用方法は、まさしく斬新だと言えそうです。
鞄を持たずに出かけたい男性には、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのは画期的なことなのです。荷物を増やさずに、ポケットの中に入れて書籍を持ち歩けるわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ