BookLive「ブックライブ」のディスクシステム(裏)報告書無料試し読みコーナー


ファミリーコンピュータがブームとなっていた1986年。任天堂が打ち出した一大プロジェクトが「ディスクシステム」だった。新しいゲームを生み出すために、任天堂が挑んだ野望を今一度振り返ってみよう。〈主な内容〉●ディスクシステム開発秘話●ディスクドライブの仕組み●ディスクシステムのビジネスモデル●ディスクシステムのネットワーク構想●ディスクシステム名作・珍作20選●ディスクシステムサービス終了※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・2016年5月号(P066-080)一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続きはコチラ



ディスクシステム(裏)報告書無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ディスクシステム(裏)報告書「公式」はコチラから



ディスクシステム(裏)報告書


>>>ディスクシステム(裏)報告書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ディスクシステム(裏)報告書の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はディスクシステム(裏)報告書を取り揃えています。ディスクシステム(裏)報告書BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとディスクシステム(裏)報告書は216円で購入することができて、ディスクシステム(裏)報告書を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでディスクシステム(裏)報告書を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ディスクシステム(裏)報告書を勧める理由


無料電子書籍を適宜活用すれば、時間を使ってショップまで出掛けて目を通す手間は一切なくなります。こうしたことをせずとも、電子書籍サイトの「試し読み」で中身のリサーチができるからというのが理由なのです。
コミックサイトの最大の強みは、扱っている冊数がとてつもなく多いということだと言っていいでしょう。在庫を抱える心配がない分、多数のタイトルを揃えられるわけです。
1~2年前までは本になったものを買っていたとおっしゃるような方も、電子書籍を利用した途端に、その便利さにびっくりさせられるということがほとんどのようです。コミックサイトも様々ありますから、しっかり比較してから選ぶことが大切です。
電子書籍を購入するというのは、ネットを通して情報を入手するということを意味します。サービスが停止してしまったといった場合は利用できなくなるのは必至なので、間違いなく比較してから信用度の高いサイトを選びましょう。
「全てのタイトルが読み放題なら、どんなに楽しいだろう」という漫画オタクの要望を元に、「毎月固定の金額を払えば毎回の支払いはいらない」という形の電子書籍が考案されたのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ