BookLive「ブックライブ」のHow to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版無料試し読みコーナー


【デザインの現場で求められる知識とスキルを実践的に解説! 待望の改訂版!】※本書は2014年3月に出版された『How to Design いちばん面白いデザインの教科書』に加筆・修正した改訂版です。最新のアプリケーション環境で検証し、掲載作品の一部を変更しています。本書は、グラフィックデザインの現場で必要になる知識と考え方、それを形にするためのアプリケーションの技術の両方を、実践的なプロセスでわかりやすく解説したデザインの教科書です。東京造形大学で教鞭をとるカイシトモヤが、デザイナーとして、また教員として培ってきた現場のリアルなデザインをこの一冊にまとめました。本書は大きく「形」「色」「文字」「写真」「レイアウト」「印刷」の6章に分かれています。「形」と「色」ではデザインの造形性に関わる大切な要素として理解を深め、「写真」ではフォトディレクションという役割を担ったときに必要な知識を学びます。「文字」や「レイアウト」では、情報をきちんと伝えること、効果的に見せること、といったビジュアルコミュニケーションを軸に考えていきます。「印刷」では、印刷や加工に関する知識を柱に、思いどおりの印刷物をつくるにはどうすればよいかについて学びます。それぞれの章は思考から手作業までがスムーズに繋がるように構成されているので、ぜひ手を動かしながら読み進めてください。“どう考えて、どう手を動かすのか”、しっかりと「やり方」が身につくデザイン入門書の決定版。待望の改訂版です。〈主な内容〉■形造形の基本造形と表現手法■色色の基本色の実践1 色相、明度、彩度の関係 色の実践2 配色と色の表現□TRAINING Illustratorのカラー機能を活用する■文字文字と書体文字を組む□TRAINING 日本語を組む■写真撮影の基礎知識画像処理1 選択範囲の基本画像処理2 色調補正の基本□TRAINING トーンカーブをつくってみる□TRAINING CMYKトーンカーブの補正方法画像処理3 CMYKカラー設定■レイアウトレイアウトレイアウト実践1 A4チラシの制作レイアウト実践2 グリッドシステムと雑誌レイアウト□TRAINING InDesignを使ってレイアウトする■印刷印刷のしくみ印刷の実際
続きはコチラ



How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版「公式」はコチラから



How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版


>>>How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はHow to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版を取り揃えています。How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとHow to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版は2268円で購入することができて、How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでHow to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版を勧める理由


BookLive「How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版」のサイトによりいろいろですが、1巻全部のページを無料で試し読みできちゃうというところも存在しています。1巻はタダにして、「エンジョイできたら、その先の巻をお金を払ってダウンロードしてください」という営業戦略です。
既に絶版になった漫画など、ショップでは発注してもらわないと購入できない書籍も、BookLive「How to Design いちばん面白いデザインの教科書 改訂版」形態で豊富に販売されていますから、どこでもオーダーして読みふけることができます。
電子書籍も一般の書籍同様に情報が商品ですから、自分に合わなくても返品することは不可能となっています。従いまして面白そうかを確かめるためにも、無料漫画を読む方が良いですね。
コミックというものは、読んだあとに古本屋に出しても、買い取り金額は微々たるものですし、もう一度読みたいときに大変です。スマホがあれば読める無料コミックなら、収納場所も不要なので片付けに困ることはありません。
比較してから、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人がほとんどです。電子書籍で漫画を楽しみたいと言うなら、様々なサイトの中から自分のニーズを満足してくれるサイトを選抜することが重要なのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ