BookLive「ブックライブ」の小日向知子短編集 寒の祭り無料試し読みコーナー


四季を通して寒くて暖かい小さな物語、読み始めると止まらない。sonofune booksいまの時代を静かに伝える、小説、漫画、詩集、評論など、ジャンルを超えて電子本にしていきます。『寒の祭り』は2008年から2011年まで冊子「イワト」に連載された短編のなかか5編を選び1冊にしました。八ヶ岳を遠く眺める地に暮らす小日向知子の物語はいつだって透きとおったキーンと冷たく吹くく風とともに、読者の前に差し出される。四季を通して寒くて暖かい小さな物語、読み始めると止まらない。【著者】小日向知子1978年生まれ、山梨県北杜市在住。和光大学卒業後、障がい福祉に携わりながら、少しだけ風変わりな人々の物語をなぞっている。1歳の息子の母。無類のうどん好き。
続きはコチラ



小日向知子短編集 寒の祭り無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


小日向知子短編集 寒の祭り「公式」はコチラから



小日向知子短編集 寒の祭り


>>>小日向知子短編集 寒の祭りの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)小日向知子短編集 寒の祭りの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は小日向知子短編集 寒の祭りを取り揃えています。小日向知子短編集 寒の祭りBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると小日向知子短編集 寒の祭りは540円で購入することができて、小日向知子短編集 寒の祭りを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで小日向知子短編集 寒の祭りを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)小日向知子短編集 寒の祭りを勧める理由


利用者の数が急激に増加し続けているのが評判となっているコミックサイトです。ちょっと前までは「漫画は単行本を買って読まなくちゃ!」という人がほとんどでしたが、電子書籍の形で買って見るというユーザーが多数派になりつつあります。
スマホユーザーなら、いつでもコミックを読みまくることが可能なのが、コミックサイトのセールスポイントです。購入は1冊ずつというタイプのサイトや月額固定性のサイトなど様々です。
読んでみた後で「自分が思っていたよりも楽しむことができなかった」という場合でも、一度読んだ漫画は返せないのです。だけれど電子書籍なら先に試し読みをすることができるので、こうしたことをなくせます。
スマホで見ることが可能なBookLive「小日向知子短編集 寒の祭り」は、外出する時の荷物を軽減するのに貢献してくれます。バッグなどの中に何冊も本を詰めて持ち運んだりしなくても、好きな時にコミックを読むことができます。
コミックと言えば、若者の物というふうに思い込んでいるのではないでしょうか?ですが今はやりのBookLive「小日向知子短編集 寒の祭り」には、サラリーマン世代が「懐かしい」と言われるような作品も山ほどあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ