BookLive「ブックライブ」の“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る無料試し読みコーナー


空港直属の写真家が撮り続けた貴重な記録写真を一挙公開!大正6年1月、羽田町・穴森に日本飛行学校が開校し、ここに羽田と航空機との歴史が刻みはじめられた。以来1世紀、昭和6年の東京飛行場の開港を経て、羽田空港は「首都・東京の空港」として発展を遂げ、日本の航空史に重要な役割を果たしてきた。長年にわたって羽田空港の記録写真を撮り続け、『羽田開港50年』誌などの制作にも携わった著者が、同誌などを基に綴る羽田空港のあゆみ。当時の貴重な写真やさまざまなエピソードを交え、羽田空港の知られざる一面も紹介する。空港長や機長、整備士など、羽田空港ゆかりの人たちの「思い出の記」も収録。 近藤 晃(こんどうあきら)スタジオ助手、外国写真通信社勤務を経て、昭和40年、フリーランスの写真家に。昭和50年頃から羽田空港などの撮影を始め、昭和56年、『羽田開港50年』誌と写真展。昭和63年、『エアポート羽田春夏秋冬』と題した個展をキヤノンサロンで開催。平成2年、キヤノン航空写真コンテスト審査委員、東京空港事務所『即位の礼記録写真集』を制作。平成12年、キヤノンEOS学園講師。平成13年、キヤノン航空写真愛好会顧問、キヤノンフォトクラブ写真講師。平成16年、日本航空協会50年記念写真コンテスト審査委員。日本写真家協会会員、航空ジャーナリスト協会会員。
続きはコチラ



“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る「公式」はコチラから



“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る


>>>“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを取り揃えています。“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るは864円で購入することができて、“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを勧める理由


「出版されているすべての漫画が読み放題なら、どれほど嬉しいだろう!」という漫画好きの声を反映するべく、「月額料を支払えば購入の度に決済しなくてよい」という形の電子書籍が考案されたのです。
手に入れたい漫画はたくさん売り出されているけど、手に入れたとしても狭くて収納できないと嘆いている人も多いようです。そういったことから、収納箇所の心配などしなくても良いBookLive「“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る」の口コミ人気が高まってきたようです。
既に絶版になった漫画など、小さな書店ではお取り寄せしなくては手にできない作品も、BookLive「“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る」という形態で豊富に取り扱われているので、その場で直ぐにオーダーして読み始められます。
電子書籍も普通の本と同じで情報自体が商品となるので、つまらないと感じても返品は不可となっています。従いまして面白そうかを確認するためにも、無料漫画を読むことが大切です。
漫画を買い求める時には、BookLive「“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る」で簡単に試し読みしることが大切だと言えます。大体のあらすじや主要登場人物の雰囲気などを、買う前に見ることができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ