BookLive「ブックライブ」の新釈法華三部経 7無料試し読みコーナー


新釈法華三部経7収録内容……『法華経』「如来寿量品第十六」「分別功徳品第十七」「随喜功徳品第十八」「法師功徳品第十九」立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。広大な宇宙をつらぬく永遠の生命(久遠本仏)と、私たちの命が一つにつながっていることを明らかにするのが、『法華経』の中心ともいわれる如来寿量品です。「久遠本仏の大いなるいのちに生かされていること」「いつも仏さまに守護されていること」を確信できれば、心境が変わってきます。心境が変われば生き方も変わります。そのように、すべての生命の“つながり”に気づき、自分に与えられたいのちの尊さにも気づくならば、心には一片のとらわれもなく、身のはたらきは自由自在に、日々幸福を実感することができましょう。こうして、ものの見方、考え方、行動が仏さまの教えに沿っていく喜びと功徳を、分別功徳品、随喜功徳品、法師功徳品で順に説いていきます。
続きはコチラ



新釈法華三部経 7無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


新釈法華三部経 7「公式」はコチラから



新釈法華三部経 7


>>>新釈法華三部経 7の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 7の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は新釈法華三部経 7を取り揃えています。新釈法華三部経 7BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると新釈法華三部経 7は1080円で購入することができて、新釈法華三部経 7を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで新釈法華三部経 7を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)新釈法華三部経 7を勧める理由


多種多様の本を手当たり次第に読むという方にすれば、あれこれ買い求めるのは金銭的な負担も大きいはずです。しかしながら読み放題なら、購入代金を大幅に抑えることもできるというわけです。
電子書籍も本屋で売られている本と同じように情報が商品なので、内容が微妙でも返品は不可となっています。ですので中身を確認するためにも、無料漫画を読むことが大事になります。
気軽に無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が急増するのは当たり前のことです。書店と違い、人の視線に気を配ることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍ならではのメリットだと言えます。
BookLive「新釈法華三部経 7」の拡販戦略として、試し読みが可能という仕組みは画期的なアイデアではないかと思います。時間を気にすることなく物語の大筋を確認することができるので、空いている時間を上手に利用して漫画を選ぶことが可能です。
スマホ上で読む電子書籍は、ご存知かと思いますが文字のサイズを自分好みに調整することが可能ですから、老眼に悩むおじいさん・おばあさんでも難なく読むことができるという特長があるわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ