BookLive「ブックライブ」の東京まで無料試し読みコーナー


岡山――彼女は気付いていた。悲しくないのに、泣くことなんてできないと。長いトンネル、眺めるような景色もない。窓に映っているのは、感情の抜け落ちた横顔だけ。新神戸――彼女は戸惑っていた。奇妙な男の出現、あまりに唐突な場面転換。純白のタキシード。巨大なシルクハット。真紅の蝶ネクタイ。そして特技は“スズメを出すこと”。新大阪――彼女は追想していた。古都でのひととき、9月の淡い情景を。満開のキンモクセイの下ではしゃぐ、まるで子犬のような少年。間違いではなく、まぼろしでもなく、たしかに彼はそこにいた。京都――彼女は思い巡らしていた。運命という、ひどく曖昧なものについて。ありふれた昔話の主人公に、ジンベエザメはこう言った。「ムリムリ、絶対ムリ、やめときなはれ」名古屋――彼女は眠っていた。夢を見る程に浅く。標高3776メートル、日本一の霊峰。その頂は、早くも雪化粧に染まっていた。新横浜――まもなく、品川です。山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、総武線と京浜急行線はお乗換えです。弾丸列車はひた走る。その距離、676.3キロメートル。失われた青春を取り戻す、3時間24分の旅。
続きはコチラ



東京まで無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


東京まで「公式」はコチラから



東京まで


>>>東京までの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)東京までの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は東京までを取り揃えています。東京までBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると東京までは216円で購入することができて、東京までを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで東京までを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)東京までを勧める理由


老眼の為に、近くの文字が見にくくて困っているという読書が生きがいの高齢の方には、スマホで電子書籍を読むことができるというのは、ある意味革新的なことなのです。文字の大きさを読みやすいように調節できるからです。
コミックサイトも相当数運営されていますから、比較検討して自分に最適なものをチョイスすることが重要だと言えます。その為にも、先ずは各サイトの特性を掴むことが大切です。
漫画を入手する前には、BookLive「東京まで」を活用して試し読みをしておくというのがセオリーです。大体のあらすじや主要人物の風体を、先に見ることができます。
BookLive「東京まで」の販売促進の戦略として、試し読みができるという仕組みは斬新なアイデアだと思われます。時間を気にすることなくあらすじを閲覧できるので、暇な時間を上手に利用して漫画選びができます。
スマホ上で読む電子書籍は、ご存知の通り文字サイズを調整することが可能なため、老眼で近場が見えない高年齢の人でもスラスラ読めるという強みがあるわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ