BookLive「ブックライブ」の誕生日のドア無料試し読みコーナー


誕生日のドアは、一人で通れ一緒に生活している男女がいる。まもなく男の35歳の誕生日がやってくる。3日後には、今度は女の35歳の誕生日だ。しかし、家の中の空気はおだやかではない。彼と様々な女性との関係がバレてしまったのだ。一つひとつ暴露されているあいだも腹が減ったといっては食事を作り、コーヒーを飲み、書いた小説(男は作家なのだ)をさんざんにけなされてもその小説について悪びれずに語ってしまう男がなんともユニークだ。誕生日、というものが毎年やってくるドアだとすれば、今年は一人でくぐるしかなさそうだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



誕生日のドア無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


誕生日のドア「公式」はコチラから



誕生日のドア


>>>誕生日のドアの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)誕生日のドアの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は誕生日のドアを取り揃えています。誕生日のドアBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると誕生日のドアは270円で購入することができて、誕生日のドアを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで誕生日のドアを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)誕生日のドアを勧める理由


毎日のように新作が追加されるので、どれだけ読もうとも読むものが無くなる心配は無用というのがコミックサイトのセールスポイントです。書店ではもう扱われない昔懐かしい作品も閲覧可能なのです。
月額幾らと料金が決まっているサイト、登録しなくても利用できるサイト、1巻・2巻と単品で購入するサイト、無料にて読むことができる作品が多数揃っているサイトなど、コミックサイトも各々違いがあるので比較するべきでしょう。
買ってしまう前に内容を確認することができるのだったら、購入してしまってから失敗したと思うような事が少なくなります。普通の書店で立ち読みをするのと同じように、BookLive「誕生日のドア」でも試し読みをすることによって、内容を把握できます。
本のネットショップでは、ほとんどタイトルなどに加えて、あらすじぐらいしか見えてきません。でもBookLive「誕生日のドア」サイトの場合は、話が分かる程度まで試し読みすることもできるのです。
始めに試し読みをしてマンガの内容をある程度理解してから、不安感を抱くことなく買えるのが、ウェブ漫画と呼ばれるサイトの良いところです。購入前に内容を把握できるのでお金を無駄にしなくて済みます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ