BookLive「ブックライブ」の水平線に時を読む無料試し読みコーナー


「ストーリーは過去であり、過去はストーリーだ」波乗りを好む男が、雑誌の取材でインタヴューに赴く。相手は57歳。その人も波乗りの練達で、しかもその人の祖父こそが、日本で初めてのサーファーの可能性もあるという。加えて彼の家には、日本最古のサーフボードが保存されている。過去はどんどんどこからか湧いてきて「波が呼ぶんだよ」という小説の話、その映画の話、ハワイの話に広がってゆく。「波が呼ぶんだよ」とはまさに片岡義男の小説のタイトルであり、ハワイは作家の父方のルーツである。自伝的要素を巧みにフィクションに混入した、手の込んだ作品だ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



水平線に時を読む無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


水平線に時を読む「公式」はコチラから



水平線に時を読む


>>>水平線に時を読むの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)水平線に時を読むの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は水平線に時を読むを取り揃えています。水平線に時を読むBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると水平線に時を読むは270円で購入することができて、水平線に時を読むを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで水平線に時を読むを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)水平線に時を読むを勧める理由


手に入れたい漫画はいろいろと発売されているけど、買っても置く場所がないという人が増えているようです。だから保管場所の心配などしなくても良いBookLive「水平線に時を読む」の評判が高まってきているのではないでしょうか。
コミックブックと言うと、「10代向けに作られたもの」というイメージを抱いでいるのではありませんか?でも最近のBookLive「水平線に時を読む」には、サラリーマン世代が「若かりし日を思いだす」と言ってもらえるような作品もたくさんあります。
「定期的に発刊されている連載漫画を読むことが好きだ」とおっしゃる方には無用なものです。けれど単行本が発売になってから買うようにしている人からすれば、前以て無料漫画で中身を確認できるのは、本当に役立ちます。
現在放送されているアニメを毎週見るというのは大変ですが、無料アニメ動画という形で配信されているものなら、各自の都合に合わせて楽しむことが可能なのです。
幅広い本をいっぱい読む人にとって、あれこれ購入するのは金銭的ダメージが大きいものだと考えられます。しかしながら読み放題なら、書籍購入代金をかなり節約することができてしまいます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ