BookLive「ブックライブ」の海をもらった人無料試し読みコーナー


海をめぐる二つの小説ビターな味わいの小説である。まずは、おだやかな家族の風景から一転して悲劇が訪れ、しかしその悲劇は小説として書かれたものだった、という仕掛けから始まる。そして物語の視点は、その悲劇の小説を編集者として受け取った男のものとなる。その男は海辺で偶然、かつての知り合いと会い、その知り合いが小説を書こうとしていることを知る。知り合いの書いたものを読んでみると……そこに悲劇は無いが、編集者には不徹底な失敗した小説としか思えない。最初も最後も小説に係わる、あくまでビターな作品である。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



海をもらった人無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


海をもらった人「公式」はコチラから



海をもらった人


>>>海をもらった人の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)海をもらった人の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は海をもらった人を取り揃えています。海をもらった人BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると海をもらった人は270円で購入することができて、海をもらった人を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで海をもらった人を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)海をもらった人を勧める理由


「家の外でも漫画を手放したくない」などと言われる方にちょうど良いのがBookLive「海をもらった人」だと断言します。かさばる漫画を鞄に入れて運ぶことも必要なくなりますし、鞄の荷物も軽くなります。
漫画や本は、本屋でパラパラ見て購入するかしないかの結論を下す人が大半です。しかし、今日ではBookLive「海をもらった人」経由で1巻だけ読んで、その書籍を買うのか否かを決める方が多くなってきています。
スマホやパソコンを使い電子書籍をゲットすれば、電車での移動中や午後の休憩時間など、どんなところでも楽しむことができるのです。立ち読みもできちゃうので、書店まで足を運ぶなどという必要性がありません。
大体の本屋では、販売中の漫画の立ち読みを阻止するために、ビニールで包むケースが増えています。BookLive「海をもらった人」を有効活用すれば試し読みというサービスがあるので、中身をちゃんと理解した上で購入ができます。
1日24時間を効率的に過ごしたいとおっしゃるなら、空き時間を有意義に活用することを考えるべきです。アニメ動画の視聴に関しては移動の真っ最中でも可能ですから、こういった時間を充当するようにしたいですね。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ